information
 2018.07.25 UP DATE
デビュー50周年記念アルバム「森羅十二象」
2018年、デビューから50年という
記念すべき節目の年を迎え
セルフカバーアルバム「森羅十二象」を
9月5日CDと限定アナログ盤の2種類
同時リリースします。

演奏には井村誠貴指揮による
京都フィルハーモニー室内合奏団
坂崎幸之助(THE ALFEE)
矢野顕子、サンボマスター、
山下洋輔、坂井紅介、本田珠也、
類家心平が参加。豊かで
心に響く演奏が繰り広げられます。
cover painting:助川奏太
1. 虹の舟唄(京都フィルハーモニー室内合奏団)
2. ミッドナイト・トレイン(京都フィルハーモニー室内合奏団)
3. モンゴル草原 (京都フィルハーモニー室内合奏団)
4. 26ばんめの秋 (坂崎幸之助)
5. さよならひとつ (坂崎幸之助)
6. チューリップのアップリケ (矢野顕子)
7. 君に捧げるラブ・ソング (矢野顕子)
8. 今日をこえて (サンボマスター)
9. それで自由になったのかい (サンボマスター)
10. 自由への長い旅 (山下洋輔 坂井紅介 本田珠也)
11. 山谷ブルース(山下洋輔 坂井紅介 本田珠也)
12. 山辺に向いて(山下洋輔 坂井紅介 本田珠也)

1968年「山谷ブルース」でデビューした岡林信康。
自作自演の弾き語りスタイルで”フォークの神様”と呼ばれ脚光を浴び、
翌年ジャックス、西岡たかし、中川イサト演奏による1stアルバム「わたしを断罪せよ」を発表。
その後は、はっぴいえんどとロックに挑み、
都会から離れた山村での生活を通して生まれた演歌風作品が
美空ひばりに取り上げられ共演で話題にもなりました。
それ以降も、現在のシティポップの先駆けとなる歌謡POPS
加藤和彦・鈴木慶一と組んだテクノ、えんやとっとと様々なジャンルに挑み続けてきました。
今回のアルバムは、そうした50年の歴史を豪華なゲストとともに味わい深い唄で聴かせます。

また、アルバム発売に伴う全国ツアーも開催。
9月13日の福岡・ももちパレスを皮切りに全国7都市計9公演は以下の日程です。
7月25日、公開リハーサルと銘打たれ、吉祥寺スターパインズカフェで行われたLIVEでは、
ここ数年全国を巡ってきた弾き語りツアーとは曲目やトークも一新、
あいかわらずのユーモアあふれるおしゃべりをはさみながら、
ピアノを交えて走馬灯のように50年を振り返りつつ、滋味豊かなステージを繰り広げました。

2018年9月13日(木)福岡県 ももちパレス
2018年9月14日(金)福岡県 ももちパレス
2018年9月28日(金)愛知県 芸術創造センター
2018年10月5日(金)広島県 はつかいち文化ホールさくらぴあ
2018年10月21日(日)北海道 道新ホール
2018年11月23日(金・祝)岩手県 田園ホール・エローラ
2018年12月5日(水)大阪府 サンケイホールブリーゼ
2018年12月19日(水)東京都 EX THEATER ROPPONGI
2018年12月20日(木)東京都 EX THEATER ROPPONGI

information
 2017.10.20 UP DATE
岡林信康弾き語りライブ2017は宇都宮「悠日」からスタート 。


岡林信康弾き語りライブ2017は宇都宮の「悠日」からスタートしました。
「悠日」は蔵を再利用した素敵な場所でたくさんの岡林ファンにお集まり頂き感謝です。
宇都宮からとても良いスタートが切れました。
そして今年も全国各地にお邪魔しますのでよろしくお願いします! 矢島 礁平

悠日 Gallery Yujitsu :栃木県宇都宮市吉野町1-7-10 TEL 028-633-6285



【岡林信康弾き語りライブ2017】
1/28(土)宇都宮「悠日」 ・1/29(日)柏「スタジオ・ウー」
2/23(木)堺「三国ヶ丘FUZZ」 ・2/24(金)倉敷「cookiejar」
3/9(木)米子「laughs」 ・3/10(金)松江「AZTiC canova」
3/26(日)福井「 北ノ庄クラシックス」・4/23(日)鎌倉「歐林洞ギャラリーサロン」
5/12(金)八戸「はっち シアター2」・5/13(土)青森「BLACK BOX
5/17(水)名古屋「ブルーノート」 山下洋輔x岡林信康
5/27(土)福岡県新宮町「そぴあしんぐう大ホール」
5/28(日)熊本「レストランバーCIB(キーブ)」
6/9(金)香川県三豊市「三豊市文化会館マリンウェーブ マーガレットホール」
6/10(土)愛媛県久万高原町「旧中津小学校体育館」
6/24(土)宮崎「ニューレトロクラブ」・6/25(日)大分「ブリック・ブロック」
7/22(土)鹿嶋「鹿嶋勤労文化会館ホール」
8/5(土)長岡「ライブハウス音楽色堂」
8/6(日)佐渡「アミューズメント佐渡小ホール(はまなすホール)」
8/18(金)浜松「浜松市勤労会館 Uホール」
8/19(土)熱海「起雲閣 音楽サロン」
9/22(金)岐阜「岐阜市文化センター小劇場」
11/12(日)岩国「ロックカントリー」・11/25(土)大阪八尾「シュガーベイブ」
12/22(金)鹿児島市民文化ホール・12/24(日)沖縄「桜坂劇場ホール」
 
 profile
岡林信康




2018年は岡林信康が
1968年に「山谷ブルース」で
デビューして50年を迎えます。
岡林信康デビュー50周年記念
アルバム「森羅十二象」及び
全国7都市9公演コンサートの
詳細は左画面をご覧ください。



岡林信康withはっぴいえんど
7インチBOX
NOBUYASU OKABAYASHI
/ 岡林信康
10,000円(税込)

岡林信康がはっぴいえんど共に
URC時代にシングル盤として
リリースし、日本のロック史に
名を刻んだ名演の数々。
はっぴいえんどとの最後の
スタジオ録音となった
「私たちの望むものは」を
ボーナスレコードとして収納した
豪華6枚組限定7インチBOX-SET。
監修:湯浅学





岡林信康withはっぴいえんど
初期の超名曲
「自由への長い旅 / 今日をこえて」
7インチ復刻版も含まれます。



出版社倒産のため
絶版となってしまった絵本
「ぼくの村は美しい国」
定価/1500円(税込)
在庫は数冊のみ。
購入は⇧をクリック。送料込み。
品切れ次第終了となります。



1987年に自主制作盤として
カセットテープのみで販売した
幻の作品集
「ベストコレクション Vol.1」が
遂に初CD化!



2015.11.27中野ゼロホール



2013.12.14日比谷公会堂
デビュー45周年コンサート



2009.6.27九段会館
イラストは浦沢直樹。

1948年 滋賀県近江八幡生まれ。
父親は牧師。
1966年同志社大学神学部入学。
1968年「山谷ブルース」「友よ」発売。
「フォークの神様」と呼ばれる。
1969年はっぴいえんどをバックに
日本語のロックを提唱。
1971年京都で農村生活。
1987年エンヤトット誕生。
2007年 35年ぶりの日比谷野音。
ポスターは36年前と同じ。
黒田征太郎長友啓典コンビ作品。
2009年九段会館コンサート
2010年「レクイエム
〜我が心の美空ひばり〜」発表。





弾き語りフォーク作品集
山谷ブルース・チューリップのアッ
プリケ・手紙」等初期代表曲に
君に捧げるラブソング他ライブの
人気曲や初収録音源
橋-実録 仁義なき寄合い
2015年新規録音俺らいちぬけた
風の流れに2曲を収録した全16曲。



デビュー45周年記念BEST3毎組



カントリーテイストのメロディに
生命への想いを込めた作詞作曲。
14年ぶりの新曲「さよならひとつ」 
4曲入りシングル。
1200円(税込)以上DISK UNION

■■■■■■■■■■■■



1998年「風詩」



1992年「MADE IN JAPAN」



1990年
「ベアナックルミュージック」



1980年「ストーム」
加藤和彦プロデュース。
ムーンライダース参加。



1979年
「街はステキなカーニバル」



1978年「セレナーデ」



1977年「ラブソングス」



1975年「うつし絵」



1974年
「誰ぞこの子に愛の手を」
松本隆プロデュース。



1973年「金色のライオン」
松本隆プロデュース
「26ばんめの秋」
タイトルをつけたのも松本隆。



1971年「俺らいちぬけた」



1970年「見るまえに跳べ」



1969年「私を断罪せよ」

DVD
「だからここに来た!」
全日本フォークジャンボリーの記録

1969年から1971年にかけ、岐阜県
恵那郡坂下町で開催された、日本初
の大型野外フェスであり、
音楽事務所やレコード会社が興行師
の手によることなく自ら開催した。
1970.8.8.8,000人を動員した
第2回フォークジャンボリーの記録。

出演: 岡林信康, はっぴいえんど,
遠藤賢司, 高田渡, 五つの赤い風船



「岡林、信康を語る」\2.000-
山谷ブルースで彗星の如く現れた
フォークの神様。はっぴいえんど
をバックにロックを歌い、
歌謡界の女王、美空ひばりと交流。
現在に至るその多様な音楽遍歴を、
数々のエピソードで語りつくした。
336P。最新撮りおろし写真満載。



岡林信康officialsite
ライブス最新情報はこちら。



DISK UNION販売カタログ
リリース情報はこちら。