information
 2016.11.25 UP DATE
「加山雄三画業20周年絵画個展」開催。


加山さんが画業20周年を迎えます。
過去に描いた作品は2000点に及ぶという。
「破れたズボンを穿いた子供たちが、テニスの軟球を使って竹バットで
野球をしていた時代に、僕はとても恵まれた環境にいました。
いつも身綺麗にしているから周囲から浮いてしまって、いつの間にか仲間外れに。
教室にひとり残って、ノートの端に絵を描いているような子供でした」

今年、画業20周年を迎える加山の絵の原点は、子供の頃に描いた同級生の似顔絵でした。
ある日のこと、暇つぶしに似顔絵を描いていると、その出来栄えが評判になり、
いじめられっ子は、一転して行列のできる似顔絵画家になったという。
「僕は、人生そのものを演じていると思って生きてきました。
今、自分の人生を演じるためにメインにしているのは、
大好きな音楽であり、絵を描くことなんです」
週刊ポスト2016年11月4日号写真:加山プロモーション

「画業20周年記念 加山雄三アートの世界展」
2016.10.27〜30:大丸心斎橋店北館14階イベントホール、
「画業20周年記念加山雄三絵画展」2016.11.23〜28:高島屋日本橋店8階特設会場

information
 2016.04.18 UP DATE
画業20周年。「TERRA BATTLE」250万DL達成記念で背景画を。



若大将加山雄三(79)が、App StoreおよびGoogle Play配信中のRPG「TERRA BATTLE
(テラバトル)」ミストウォーカーコーポレーションの背景画を描いた。
これは、「テラバトル」が、250万ダウンロードを達成した時の公約によるもの。

加山雄三はゲーマーとしても知られ、スペースインベーダーの頃から遊んでおり、
番組でも、「バイオハザード」や「ファイナルファンタジー」の魅力を熱弁している。
今回のコラボのキッカケは、「ミストウォーカーコーポレーション」のCEO坂口博信氏
の奥さんと加山の娘さんが、お友達ということで、娘さんを通して話があったという。
出来上がった絵について、「海、雲、山など自然を描くのがものすごい好きで、この絵もコントラストのいい絵だと思う。同じような自分の好きなジャンルの中で、代表的な絵になったな」
と、感想を語っている。  edgeline.tokyo/

「TERRA BATTLE」公式サイトはこちら
→http://www.terrabattle.com/jp/downloadstarter/
information
 2016.01.01 UP DATE
20年を迎える絵もまた「加山雄三の世界」。
出かけてみませんか?加山雄三ミュージアムにも。


波を好んで描く加山さん。イメージと違って、堂ヶ島の風景は墨絵のようだ。
それが、三四郎島を見て「加山雄三ミュージアム」に入ると空気がガラッと変わる。
光進丸船室の再現や、1966年ビートルズ来日の時、加山さんの目の前で描かれた
という4人全員のサイン入りの超レアな絵と一緒に収まった貴重な記念写真。
平成10年3月開業以来、まもなく20年を迎えるミュージアムはいついっても新鮮。映画や音楽に浸るだけでなく、のんびりシーサイドレストラン「ウィンディ」で
若大将シリーズの舞台になった「すきやきや」にちなんだ若大将すきやき丼\1,300円
を味わい、洞穴巡り遊覧船と恋人岬を廻ってもゆっくり日帰りでOKです。







音楽もデビュー55周年を迎えてますますパワフルにとどまる事がない。
2015.7.フランク・シナトラ生誕100周年究極の「シナタラ・グレイテストヒッツ」
世界初公開「マイウェイ(Duet with 加山雄三)」が日本盤のみ特別収録。

一方では、新世代ロックミュージシャンとの「KING ALL STARS」を結成。
2013年の仙台の野外ロックフェス出演をきっかけに、「東北を元気に!」を掲げて
歌う加山雄三のもとに、ROCKフェスおなじみのメンバーが集結。CD発売となった。
加山が尊敬してやまないエルヴィス・プレスリーが「THE KING」と呼ばれていた事
加山「=K」が喜寿にして進化し続ける現役(=ing)である事
そして、スターミュージシャン13名(=KING)が集まったことに因んでいます。

information
 2013.01.01 UP DATE
長女梓真悠子による加山雄三ギャラリー。
「KAYAMA YUZO GALLERY selected by AZUSA」


海を愛し、人を愛し、音楽を愛し、そして、さりげない暮らしの中にも
いつも感動を見つけてきた父・加山雄三の作品をセレクトしてご紹介します。
日常風景に想を得た作品の一つひとつに父の感じた感動があります。
作品にこめられた父の想い、作品の中に息づく物語や、語られることのなかった
創作秘話などもご紹介させていただくひとときをご一緒に。
皆様にとって心地よい空間でありたいと考えています。
心に響くひと品との出会いを叶える場であろうと思います。  梓真悠子
information
 2010.07.01 UP DATE
湯沢の町起こしにもなった「湯沢フィールド音楽祭」


Ageless Life のメッセージのもと、継続するチカラはたくさんの絆を生み出してきた。
名誉町民である湯沢で2003年から2009年まで開催された湯沢音楽祭もそのひとつ。

「湯沢フィールド音楽祭」は、加山雄三がチャリティ目的で主催する音楽祭として
毎夏、日本を代表するビッグネームがゲストで招かれる盛大なイベント。
いわば、夏フェスの走りといってもいい野外音楽祭だった。
会場となる加山キャプテンコーストスキー場は、もちろん加山さん自前のスキー場。

チャリティイベントの精神は
2011年〜湘南からエールを〜東日本震災復興支援ライブという形で実現している。

 
officialsite
 2008.04.01 UP DATE
加山雄三公式ホームページはこちら
→http://www.kayamayuzo.com/
 
 profile
加山雄三


記念すべき若大将デビュー作。
1961.7.8.公開「大学の若大将」
1971年まで東宝で全17作製作。



2017年
加山雄三生誕80周年記念
REMIXアルバム
「加山雄三の新世界」



2015.4.11.芸能生活55周年。
2016.4.11.79歳を迎える。
その直前の4月7日、8日
加山雄三55周年記念
ゴー!ゴー!若大将FESTIVAL開催
東京国際フォーラム ホールA
出演アーティスト:
THE King ALL STARS
斉藤和義・ももいろクローバーZ
さだまさし・鈴木雅之・水谷豊
ひめ風(南こうせつ・伊勢正三)他

2016.4.7~4.8.東京国際フォーラム
2017.6.17~6.18.大阪市中央体育館
2018.6.16~6.17東京国際フォーラム




1996年初個展以来毎年個展を開催。
画集は近代映画社から出版。
加山雄三画集13「愛のおくり物」

2015年DVD
若大将EXPO〜夢に向かっていま〜
加山雄三 LIVE in 日本武道館



1937年横浜生まれ。
すぐに茅ヶ崎に引越す。
父は上原謙、母は小桜葉子。
本名池端 直亮
作曲家ペンネームは弾厚作。
尊敬する團伊玖磨と山田耕筰を
足して2で割った。
5歳でスキーを始め、
中学2年でカヌーを設計建造。
慶応義塾大学法学部卒業後
1960年東宝入社。
1965年
「エレキの若大将」主題歌
「君といつまでも」300万枚突破
日本レコード大賞特別賞。
1966年ビートルズ来日の際に
東京ヒルトンで4人と会食。
1998年
加山雄三ミュージアムOPEN
2006年画業10周年。
自ら設計した光進丸船長。





デビュー50周年記念シングル
『座・ロンリーハーツ親父バンド』
加山雄三とザ・ヤンチャーズ
森山良子/谷村新司/南こうせつ
さだまさし/THE ALFEE



2011年〜湘南からエールを〜
東日本大震災復興支援ライブ
8.27.藤沢市鵠沼海岸
赤坂泰彦 / 加山雄三 / キマグレン
TUBE/ つるの剛士 / RIPSLYME 他



2012年
「若大将・湘南 FOREVER」
往年のヒット曲に加え、
初となる湘南サウンド
サザンオールスターズ、TUBE
ブレッド&バター、
ザ・ワイルドワンズのカヴァーを
すべてスタジオ新録。



2004年「All by Myself」
オリジナルを超える完全コピー
をテーマに、すべての演奏を
ひとりでこなした多重録音に
よるセルフ・カバー集で、
ミキシングまで自ら手がける。
40年前のアルバムジャケット
「恋は紅いバラ」を再現。
60年代の加山雄三が、
日本の音楽シーンの中でいかに
革新的な存在だったか。
日本で初めて多重録音を行なった
先駆者であり、
デビューアルバムが全曲英語詞の
オリジナル作品だった等の
音楽的業績はもっと再評価される
べきではないだろうか?
木村ユタカ



レコーデデビュー40周年記念
「グレイテスト・ヒッツ
アビーロード・スタジオ
マスタリング2001」



1983年
ザ・ワイルドワンズの加瀬邦彦が
銀座メイツ跡地にオープンさせた
ケネデイハウス銀座。
2015.5.22.
加瀬さんが息を引き取ったのは、
4月20日の午後9時。
ちょうどそのころ、加山さんは
ケネデイハウスで
「ハイパーランチャーズ」名義の
島英二・植田芳暁と演奏していた。
「店で22年やってて1回も弦が
切れたことはなかったのに、
島君の弦が切れた。
知らせに来たんだと感じたよ。」
別れの夜を、しんみりと語る。
デイリースポーツオンライン

加山さんは今も
ケネディハウスで歌う。
加山雄三&ハイパーランチャーズ
2017年9月28日(木)