interview
 2018.01.24 UP DATE
自分のファッションは、できれば全部オリジナルで作りたい。




"上の絵は大学時代に、当時から話題になっていた地球温暖化についてヒトコマ漫画に描いた
グラフィティを一生懸命描いてる男の子。フロンガスが出てても他人事みたいな。”
”下の絵は、音はないけど音が聞こえそうに描けたらと思って。立体っぽくする。
これ小学3年生の時に思いついてずっと使ってる手法なんですけど、構図命ですね(笑)”

描きおろし初公開。
そのいきさつや手法については「作品をみる」で本人自身のおしゃべりと一緒にお楽しみください。



2010年アートライフ主催
「画楽百景展」に出品したヒップホップシューズ。
"ぼくはいつでもファッション感覚で絵を描いてる気がします。
音楽と絵は同じように楽しい。
高校の頃からデッサンとか好きで、夢中になって描いてましたね。
ああ早くダンスいきたいな、なんて思いながら。結構描くのは早かったんです。"

意気投合した二人による、戸田恵子×植木豪コラボレーションブランド「B・G」でも新作発表。
”BGブランドらしい「武骨さ」を表現したかったので、
シルバープリントで渋めの色味に仕上げました。"
”姉さんのライブに来る幅広い年齢層にあわせて
あのひとにもあのひとにも似合うものを、と心がけながらデザインしました。”

information
 2009.04.25 UP DATE
ローリングストーンズとのコラボレーションTシャツ裏話。
グループを続けていくことってすごく難しいと思うんです。でも今でも続けていて、
凄く戦ってるなという気がするんですね。
そういう彼らの魂の部分が凄く好きなんです。
日本でもストーンズのベロマークが
浸透しているなってずっと感じていて。
だから、日本人にもロックの象徴として文化として根付いているんだということを、
花札や浮世絵とベロマークを合わせて表現してみました。

結構気に入っていて、知らない人でも僕のTシャツを着てくれているのを見た時は、
こっちから話しかけたくなりますね。


official site
 2009.04.02 UP DATE
植木豪のオフィシャルサイトはこちら
→https://disconection.com
officialsite
 2009.04.01 UP DATE
PaniCrewのオフィシャルサイトはこちらから
→http://www.bigup-net.co.jp/panicrew/
 
 profile
PaniCrew/植木豪



骸骨と防毒マスクは
ぼくのトレードマークです。



植木豪デザイン最新ブランド
CLUB No1Z始動。
最新のファッションテイストを
ダンスウェアやスポーツアイテム
にミックスさせています。



植木豪オリジナルデザイングッズは
上記画像をクリック。

戸田恵子とは、互いを
「ブラザーGO」「姉さん」と呼び
2人でオリジナルブランド
「B・G」を展開している。

2017.9.8
品川プリンスホテル クラブeX
戸田恵子「60th Anniversary Live Show『Happy Birthday Sweet 60』
演出・振付・出演を担当。



1975年 福岡生まれ。
京都精華大学デザイン学科


Pani Crewのメインボーカル。
数々のダンスコンテストで優勝。
1998年イギリスで開催された
ブレイクダンス世界大会
UKブレイクダンス
チャンピオンシップに
日本代表チームの一員として
初出場・初優勝の快挙。
日本最大級のダンスコンテスト
ALL JAPAN DANCE DELIGHT
グランプリを機にPaniCrew結成。
2000年デビュー。
2005年からは舞台でも活躍中。
「HUMANITY」「グリース」
2009年「フットルースで初主演。
2012年
宝塚歌劇団雪組「フットルース」
公演の振付を担当。
2013年
ボーカルユニット「AUTRIBE」
としてCDリリース 。

2014年
スタートした「WASABEATS」
植木豪(構成演出の舞台第三弾は
2016年
初の海外進出となる香港公演。
2018年「BREAK FREE」開幕
エジンバラ・フェスティバル
フリンジにてロングラン公演。