profile
葉加瀬太郎



2016年個展で発表された作品
「Syncopation+将将掘

たくさん笑って たくさん感じて
SUPER LOVE ART
葉加瀬太郎絵画展 2016~2017

2016.8.17〜8.24
東急文化村
2017.5.17〜5.23
阪急うめだ店9階アートステージ

「作品をみる」では本人の
おしゃべりとあわせて
ご覧になれます。





2015年 画家デビュー20年記念
「SUPER LOVE ART葉加瀬 太郎展」
そごう横浜店6F美術画廊

同じく2015年
毎年恒例の全国ツアーが
25th anniversary Concertとして
開催。 その時のポスター。



ヴァイオリニスト葉加瀬太郎の
もう一つの顔が画家。
デビューして20年の節目に
ロンドンで描いた約50点の新作を
含め原画約80点展示した。



2016年「JOY OF LIFE」
ヴァイオリニスト
ソロデビュー20周年アルバム




TARO HAKASE World Tour
2013年 JAPONISM/DVD
バンド公演としては初めて
NY、ロンドン、ソウルなど
国内31都道府県
海外6ヶ国を含む大規模公演。



1968年 大阪府生まれ
1990年 KRYZLER&KOMPANYの
ヴァイオリニストとしてデビュー。
セリーヌ・ディオンとの共演で
一躍、世界的存在となる。
1996年ソロとなり、
1998年に初回放送された
人気ドキュメンタリー番組
「情熱大陸」39回OPENNINGから
同名のテーマ曲が使用されている。
ちなみにエンディングは
「Etupirka エトピリカ」



2002年自身が音楽総監督を務める
「アーティスト自身が自由に創作
できるレーベル」“HATS”を設立。
音楽プロデューサーとして、
本格的にスタート。
ハウステンボスや、大阪ミナミの
複合緑化都市「なんばパークス」
に関わるイベントや、近年恒例と
なっている夏のイベント「
情熱大陸ライヴ」「イマージュ」
の全国ツアーなどで、
公演は年間100本にも及ぶ。

2001年34歳から始まった
「情熱大陸festival」



1996年画家デビュー以来
個展も全国各地で開催している。