profile
北野武



2018.9.27.
「ゴンちゃん、またね。」
文・挿絵:北野武/文藝春秋
まっすぐな文章と鮮やかな絵で
描き出す大人のための絵物語。

「ゴン」はオフィス北野退社後
現在所属する「T.N.ゴン」の
名称でもある。



2017年「アナログ」
書下ろし恋愛小説。



2017年「映画監督、北野武。」



2017年「アウトレイジ最終章」



2012年
BEAT TAKESHI KITANO
東京オペラシティ。
2010年
パリカルティエ現代美術財団
個展の日本初公開。



1994年バイク事故以来リハビリを
かねて、動物と花が融合した不思議
な絵を描き始めました。
それ以来、「HANA-BI」「菊次郎の
夏」「アキレスと亀」等、自ら監督
した映画の中で色鮮やかな作品を
発表してきました。
日頃から「ペンキ屋のせがれ」を
自認する本人は、その鮮やかな作品
の色彩に関しては「ペンキ屋だった
おやじの影響だ」と話しています。
また、作品制作については、
「眠くなかったり、眠りたくない夜
は絵の具や鉛筆を使って絵を描く」
と語る程、本人にとっては日常的な
出来事です。

パリ開催時の原題である
Gosse de peintreは、絵描き小僧
という邦題がつけられています。
フランス語でGosseは悪ガキ、小僧
といった意味合いのことばで
peintre は画家、絵描きと同時に
ペンキ屋という意味もあります。
父親が漆職人でペンキ屋でもあった
BEAT TAKESHI KITANO にとって
Gosse de peitre はペンキ屋のせがれ
という解釈もできるため、
このタイトルとなりました。

BEAT TAKESHI KITANO
絵描き小僧展公式カタログより



1947年 浅草生まれ
立川談志一門だが
立川談春から一字もらい
「立川梅春」を名乗っている。

新宿ヴィレッジヴァンガードで
遅番のボーイでいた時は、
連続射殺事件の永山則夫が
早番のボーイとして働いていた。

若松孝二作品「新宿マッド」
「腹貸し女」に端役ながら出演。

1972年 ストリップ劇場
浅草フランス座で
エレベーターボーイを始める。
経営者兼座長深見千三郎に師事



1998年「その男、凶暴につき」
で映画監督デビュー。



1996年 6作目「Kids Return 」
カンヌ国際映画祭監督週間
正式出品作品



1998年「HANA-BI」
ベネチア金獅子賞受賞作品。



2008年「アキレスと亀」
映画に登場する古今東西の名画
らしき作品も含めてほとんどを
描きおろした。



2010年「アウトレイジ」
15本目の監督作品。

2013年 「超思考」玄冬舎



2012年「最後の大独演会」新潮社



2011年「漫才」新潮社



2004年
「たけしの落書き入門」新潮社



1995年
「たけしくん、ハイ!」新潮社





「アキレスと亀」公開時
アートライフ出演映像
「作品をみる」vol.1~3でも
音声をお聴きいただけます。

「FAMOSO(ファモーソ)」
ビートたけし編集長
所ジョージ副編集長のパロディ雑誌。
表紙の絵は北野武描き下ろしです。



「オレたちひょうきん族」
1981年〜1989年CX系列放映。
2008年『FNS27時間テレビ!!
みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』
でビートたけし・明石家さんま
19年ぶりの共演が実現している。