information
 2016.03.20 UP DATE
舞台は瀬戸内海の島々。
瀬戸内国際芸術祭〜アートと海を巡る百日間の冒険
女根(めこん)大竹伸朗 作品の一部は「作品をみる」vol.4でご覧いただけます。
20数年前に直島から始まった、美しく穏やかな瀬戸内海と、光り輝くメッセージを放つ
現代アートとの出会いは、3年ごと周囲の島々に広がりました。
2016年は生活文化の基本である食、瀬戸内の新鮮で豊かな食材、また食に代表される
島の文化や生活など、地域の魅力を本格的に発信します。
直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島+α。
古代より交通の大動脈として重要な役割を持った瀬戸内海。
人々の生活が美しい景観や伝統的な風習を育ててきました。
しかし今、高齢化が進み、島の固有性は失われつつあります。
私たちは、美しい自然と人間が交錯し交響してきた瀬戸内の島に活力を取り戻し、
瀬戸内海が地球上のすべての地域の 「希望の海」 となる事を目指します。
現代アートと暮らす人々との協働は地域と世界が交わるきっかけになるはずです。
瀬戸内国際芸術祭は、「民俗、芸能、祭り、風土記 という通時性」と
「現代美術、建築、演劇という共時性」を交錯させ、
瀬戸内海の魅力を世界に発信するプロジェクトです。
そして、ART SETOUCHIは、3年ごとに開催される「瀬戸内国際芸術祭」とその間に
取り組まれるさまざまな活動の総称です。
瀬戸内国際芸術祭2016:会期総計108日間
春|2016年3月20日[日・春分の日]—4月17日[日]29日間
夏|2016年7月18日[月・海の日]—9月4日[日]49日間
秋|2016年10月8日[土]—11月6日[日]30日間
開催地
直島 / 豊島 / 女木島 / 男木島 / 小豆島 / 大島 / 犬島 /
沙弥島[春のみ] / 本島[秋のみ] / 高見島[秋のみ] /
粟島[秋のみ] / 伊吹島[秋のみ] / 高松港・宇野港周辺
officialsite
 2016.02.24 UP DATE
アートフロントギャラリーの公式サイトはこちら
→http://www.artfront.co.jp/
リッツカールトン東京や渋谷ヒカリエ8/等プロデュースコンサルティングは数多い。 Art in the office 2012 CCC AWARDS もそのひとつ。 CCC(カルチュアコンビニエンスクラブ)は次世代のアーティストを支援します。 審査員には、北川フラムや金沢21世紀美術館チーフキュレーター黒澤氏他が参加。
event
 2015.07.20 UP DATE
アートに導かれ、里山を旅する。
大地の芸術祭〜越後妻有アートトリエンナーレ

2003年公開 草間彌生「花咲ける妻有」

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」は、過疎高齢化の進む日本有数の
豪雪地越後妻有(つまり:新潟県十日町市、津南町)を舞台に、
2000年から3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭です。
およそ200の集落を手がかりに作品を散在させ、世界のアーティストが手がけた
約200の常設作品に加え、会期中には新作を公開。期間中30万人以上を集める。
「人間は自然に内包される」という理念をかかげ、美術を人間が自然と関わる術
(すべ)と捉え、広大な里山を舞台に、人と自然とアートが織りなす継続的な
プロジェクトです。詳細は⇧が像をクリックしてご覧ください。

越後妻有の地域づくりは、芸術祭会期中だけでなく、年間を通じて林間学校や空家・
廃校・集落の再活用、夏と冬には各施設での特別企画展やアーティストによるワーク
ショップ・パフォーマンス等大規模プログラムを実施している。

2008年「大地の芸術祭」で生まれた作品や施設、プロジェクトを通年化し、越後妻有
を魅力ある地域にしていくために、地域内外の有志でNPO法人越後妻有里山協働機構
が設立され、地域・世代・ジャンルを超えたネットワークを育み、越後妻有の未来に
つなげることで、第一に、住民がいきいきと暮らすこと、第二に、地域の働く場所が
増えること、第三に、価値観や境遇の異なる人々が共存できる地域にしていくことを
目標に活動を続けている。。



vol.1で紹介している作品は順に以下の通りです。
●イリヤ&エミリア・カバコフ「棚田」(2000)撮影:安齋重男
●ジョン・クルメリング「ステップ イン プラン」(2003)撮影:安齋重男
●塩田千春「家の記憶」(2009) 撮影:宮本武典+瀬野広美
●蔡國強「ドラゴン現代美術館」(2000)撮影:安齋重男
●クリスチャン・ボルタンスキー+ジャン・カルマン「最後の教室」撮影:倉谷拓朴
●田島征三「絵本と木の実の美術館」(2009)撮影:宮本武典+瀬野広美
●草間彌生「花咲ける妻有」(2003) 撮影:安齋重男

vol.2で紹介している作品は順に以下の通りです。
●ジェームス・タレル「光の館」(2000)撮影:安齋重男
●リチャード・ウィルソン「日本に向けて北を定めよ」(2000) 撮影:安齋重男
●田中信太郎「〇△□の塔と赤とんぼ」(2000)撮影:安齋重男
●アントニー・ゴームリー「もうひとつの特異点」(2009) 
                         撮影:宮本武典+瀬野広美
●ドミニク・ペロー「バタフライパビリオン」(2006)撮影:倉谷拓朴
●トビアス・レーベルガー「フィヒテ(唐檜)」(2003)撮影:安齋重男

北川フラムが関わったパブリックアートはこれにとどまらない。
vol.3はその一環。
●ピオトル・コワルスキー/御池通シンボルロード 撮影:安齋重男
●アルフレッド・ジャー/2002メモリアルロード(袋井) 撮影:安齋重男
●トム・シャノン/札幌ドーム 撮影:安齋重男
●ピオトル・コワルスキー/代官山アドレス 撮影:安齋重男
●ジャン・ピエール・レイノー/ファーレ立川 撮影:安齋重男
●ニキ・ド・サンファル/ファーレ立川 撮影:安齋重男
 
 profile
アートフロント
越後妻裏有大地の芸術祭
アートトリエンナーレ2015ポスター

2015.7.26~9.13


アートフロント主宰
越後妻有、瀬戸内の島々、大阪など
街ぐるみの大型アートイベントを
次々と成功させている
北川フラム:アートディレクター

1946年新潟県高田市生まれ
東京芸術大学美術学部卒業
'78ガウディ展全国11ヶ所巡回。
'80子どものための版画展を
小・中学校を中心に全国で巡回。
'88アパルトヘイト否!国際美術展
全国194ヶ所で巡回、
草の根的なプロデュースを展開。
'94「ファーレ立川アート計画」で
日本都市計画学会計画設計賞受賞。
'98代官山ヒルサイドテラスで
メセナ大賞受賞。
'00「大地の芸術祭
越後妻有アートトリエンナーレ」
総合ディレクター。
2001年度ふるさとイベント大賞
グランプリ受賞。

長年の文化活動に対して、
’03フランス共和国政府より
芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。
’06 年度芸術選奨文部科学大臣賞
芸術振興部門受賞。
’07 年度国際交流奨励賞
文化芸術交流賞受賞。
'10瀬戸内国際芸術祭
総合ディレクター。

かつてのペンギンクエスチョン
では朝倉喬司・平岡正明等も執筆。

「フラム」は本名であり
ノルウェー語で前進を意味する。


「アートの地殻変動」美術出版社
彼がプロジェクトをともに手掛けた
アート関係者や行政担当者、創作者
評論家など20名以上との対談集。

アートフロント略歴

'71東京芸術大学の学生卒業生を中心に「ゆりあ・ぺむぺる工房」発足。
展覧会やコンサート演劇企画制作。
'75文化誌「天界航路」発刊。
執筆/別役実、井出孫六、衛紀生等。
'77近代美術研究会設立。
「現代美術のパイオニア展」実施。
'78ガウディ展企画実施。
粟津潔、中山公男らと
全国13ヶ所で開催。入場者7万人。
ガウディブームの下地をつくる。
'79版画企画ギャラリー
「アートフロント」設立。
'80「子どものための版画展」を
全国約80校で開催。
出版社株式会社現代企画室設立。
現在まで280点刊行。
'82アートフロントギャラリー設立
'84代官山ヒルサイドテラスに
アートフロントギャラリー開設。
'87スペイン・バルセロナ市および
カタルーニャ自治政府と文化交流。
'94住宅都市整備公団再開発事業
ファーレ立川アート計画実施。
'95ファーレ立川アート計画にて
住宅都市整備公団総裁表彰。
'00新潟県十日町市等6市町村での
大地の芸術祭〜越後妻有
アートトリエンナーレ企画運営。
53日間で16万人の観客を動員。
第5回ふるさとイベント大賞
大賞受賞。
'02年賀状とアートによる街起こし
津山芸術祭企画立案。
千葉県のニュータウンを舞台と
した菜の花里美発見展企画運営。



「大地の芸術祭」は越後妻有で
展開する世界最大級の
国際アートトリエンナーレです。



ART SETOUCHI は
瀬戸内海の魅力を世界に発信する
プロジェクトの総称です。