profile
Wall Art Festival
Orgazized by Wall Art Project


撮影:中川十内

深い霧の中で一歩を踏み出すのは
ずいぶん無謀なんだけど
とにかくそろりと
踏み出してみようか。

ウォールアートフェスティバル
2010ドキュメンタリーBOOKより



最初の一歩。
「私たち
ウォールアート・プロジェクトは、
インドでも最貧困州といわれる
ビハール州のスジャータ村で、
学校の壁などを利用した
アートフェスを開催します。
識字率50%くらいの村で、
一生懸命に勉強する
子どもたちの学校から発信する
ウォールアート・フェスティバル 。
2010年2月、スジャータ村は、
アートの震源地、ひとつの
パワースポットとなります」
2009.12.23.プレスリリースより



Rajesh Chaitya Vangad
「Jungle River Life」





Art×学校×支援!
アートの力がつなぐ笑顔。
アートの力で生まれる絆。

ウォールアートプロジェクト
応援団募集中。
詳細はここをクリック。




ウォールアートプロジェクト(WAP)
公式ブログにアクセスしよう。
WAPは2010〜2012と2015年
ビハール州の村で、
2013〜2014と2016年
マハラシュトラ州ダハヌ近郊の村で
ウォールアートフェスティバル
(WAF)を開催。
ラダック地方に住む遊牧民の
子どもたちの学校では
Earth Art Project2014を開催。
アーティストたちとの準備シーン
もアップしています。




↑ツォモリリは
オンラインショップもあります。

自走のための試み。
インドの手仕事ブランド
「ツォモリリ」
季節ごとの展示会には、
オーガニックカディなどの
インドの手仕事品や
ゴドナー画やワルリ画など
アート作品が並びます。
収益は芸術祭の運営費になります。





浜尾和徳
WAP現地コーディネーター。
”2009年にWAPが5人のメンバーと
共に誕生した時、ぼくが惹かれたのは
「現地の人々と一緒になってひとつの
ものを作り上げる」ことだった。”
年の半分をインドで生活している。



『EKTA ひとつ 創刊号』
2016年9月にワルリ族の村で
開催された「第1回世界森会議」
多様な人々が集い大地の力を
感じ取りながら、自然との
関係性や、農業のあり方を
話し合いました。
地球ひとつで生きていく方向を
模索するためのヒントとなる
スピーチとカリンバワークショップ
の記録。


2016年
noco&Wall Art Festival2016
DVD付き


2015年
nocoのつくりかた


2014年
EARTH ART PROJECT


2013年
Wall Art Festival in Warli


2010年
Wall Art in India

2017年
フリーペーパー
「わふのこ新聞」創刊

わふ(WAF)とは・・
壁にアートを描く
祭りを国内外に巻き起こす
のこ(noco)とは・・
ワルリ語で
もう充分です。という概念。
(表紙のことばより)

手渡しで読むアナログな発信として
「わふのこ新聞」を始めました。
下記画像を
クリックしてご確認ください。