information
 2017.04.20 UP DATE
大徳寺聚光院創建450年記念に奉納襖絵。


2016年3月1日〜2017年3月26日 京都大徳寺聚光院創建450年記念襖絵公開
Photo by Nacasa & Partners Inc.

”大きな節目は第46回ヴェネツィアビエンナーレの後にきました。
そこで名誉賞を戴きましたが、これは東洋人として初めてということもあって
世界の著名な画廊が当然のように私のところに契約を求めてきました。
しかし、そのとき別にお話をいただいたのが大徳寺聚光院別院の襖絵だったのです。
迷うことなく、大徳寺聚光院の方を選んだ。
そこが私の人生の最大の分岐点です。"
納められた『滝』『春夏崖図』『秋冬崖図』のうち、本公開で初めて『滝』がお披露目されました。

information
 2017.04.18 UP DATE
滝との出会い、岩絵の具と出会いが描き続けるきっかけに。

”ハワイのキラウエア火山は
随分前から描きにいっていたんです。
で、しばらくぶりにまたいって、
自然や動物達を描いたんですけど
なんかもういいかなと。そう思って
いた時に、滝に出会ったんですね。
風景の中でただひとつ動いている。
どこかからきてどこかへいく。
滝は過去から未来につながっている。
単に水が流れているんではなくて、
時間が流れていると感じたんです。
これを描いてみたい。
これを表現するには、岩絵の具と
胡粉を使って和紙に描こう。
そういう日本の伝統に連なるなら、
それこそがぼくの生き方だと
ひらめくように感じたんです。
アメリカで浴びるように
現代アートをみながら、
ぼくの道がみつかったんですね。”
information
 2017.04.03 UP DATE
建築物と一体化した華麗で荘厳なプロジェクト。


2015年5月9日〜11月22日 第56回ヴェネツィアビエンナーレ
ヴェネツィア、イタリアPhoto by Nacasa&Partners Inc.
1995年、東洋人として初の名誉賞を受賞して以来の思い出深い場所。

”20代のぼくがいった80年代当時のニューヨークは煌めく才能が集まっていた。
ウオホールは天才だし、キースヘリングもいた。
ジャクソン・ポロックもスゴいなと思った。
でも、彼らの目指すものは人口の美だった気がします。
ぼくは自然の側に身を置きたいと思っていたんです。
ぼくは感銘したのはイサムノグチでした。流行に惑わされない。
自然をリスペクトしながら不変のものを作っていきたいと思ったんです。
滝はずっと昔からきて未来へいく。空間と時間なんです。
あそこでは単に水が流れているのではない。時が流れてるんです。”

1995年 第46回ヴェネツィアビエンナーレ photo by Nacasa&Partners Inc.





2006年 ベネッセアートサイト直島石橋プロジェクト
The Garden of Kū, 2009 Photo by Nacasa & Partners Inc.

明治時代、製塩業で栄えていた石橋家の家屋は、2001年4月まで
個人宅として使われていました。直島では古くから製塩業が人々の生活を支えており、
直島の歴史や文化をとらえるという観点から、
千住博が着想から5年の歳月を費やして「場のもつ記憶」を空間ごと作品化しています。



2007年 松風荘 Philadelphia, USA Photo by Nacasa & Partners Inc.

松風荘は、1954年に吉村順三が設計した書院造りの日本建築で、
戦後日米関係の再構築を願う日本が米国に寄贈した。
ニューヨーク近代美術館に展示されて大成功をおさめた後、
フィラデルフィアに移転されたものの、当時の東山魁夷の襖絵は破壊。
このため千住博は、後世にも残る襖絵をとすべてボランティアで描いたという。



2003年六本木グランドハイアット東京神殿前ホワイエ。Photo by Nacasa & Partners Inc.

2010年、羽田に新しく建設された国際線旅客ターミナルのアートディレクターとして、
到着コンコース、到着バス降車場、検疫前と出発ゾーンのフードコートに
水をテーマとした作品を設置。
国際線到着ロビーコンコースには、幅25mの「Water Fall」が展示されています。
Photo by Nacasa & Partners Inc.

officialsite
 2017.04.02 UP DATE
Hiroshi Senju Studio はこちら
→http://www.hiroshisenju.com/
officialsite
 2017.04.01 UP DATE
軽井沢千住博美術館オフィシャルサイトはこちら
→http://www.senju-museum.jp/
 
 profile
軽井沢千住博美術館



2017.3.1 - 6.26 千住博春夏展



異質なもの同士がハーモニーを
奏でたときに、本当に美しい調和が
生み出される、
と私は常に思っています。
この美術館も、先進的な建築家と
組ませていただくことによって、
いままでどこにもなかった新しい
空間が出現したらいいなと
思っていました。
そして、本当に世界どこにも見た
ことのないような、まったく
新しい創造的な空間がここに
現れつつあります。
私はこの美術館を、豊かな自然に
囲まれた避暑地でもあるこの場所
だからこそあり得る、光あふれる、
明るい美術館にしたいと
思っています。
その中で、私の作品を年代を
追って、観ていただくことの
できる、理想的な空間です。
多くの方に観に来ていただいて、
美しいものを観たなと、
勇気が出てきた、
生きる力が湧いてきた、
新しい発見があった、
そのような体験を、もしこの
美術館でしていただけることが
出来るのであれば、もうそれに
まさる喜びはないですね。
美術館居ついて  千住博



2008年
千住博art in New York:
世界が注目する天才日本画家の挑戦



2015年
千住博全版画カタログレゾネ
1988-2015



千住博
日本画家
1958年 東京都生まれ。
1982年
東京藝術大学美術学部絵画科日本画
専攻卒業。
1984年
同大学院修士課程修了。
1987年
同大学院後期博士課程単位取得。
1995年
「Water Fall」が、第46回
ヴェネツィアビエンナーレで
東洋人として初の名誉賞受賞。
2006年
第6回韓国光州ビエンナーレ出品。
2007年
フィラデルフィア松風荘襖絵制作。
2009年
ベネッセアートサイト直島
石橋プロジェクト 母屋公開。
2010年
APEC JAPAN 2010首脳会議で
現代日本画による会場構成を担当。
2011年
第5回中国成都ビエンナーレに出品。
軽井沢千住博美術館オープン。
2013年
大徳寺聚光院本院別院襖絵完成。
2015年
第56回ヴェネツィアビエンナーレ
に出品。
2015年
高野山真言宗総本山金剛峯寺
襖絵制作決定。
2016年
世界遺産薬師寺に作品収蔵。
2007-13年
京都造形芸術大学学長。
現在東京藝術学舎学舎長。
ニューヨーク在住。

1994年
星のふる夜にWhen Stardust Falls
この絵本は活字が一切ありません。
右ページには繊細で神秘的な絵
左ページには小さな地図。
子鹿がたどる道順がのる構成。



2008年「美」を生きる



2015年「名画は語る」
フェルメール「牛乳を注ぐ女」
ピカソ「ゲルニカ」
ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」
名画45点に画家の視線で迫る。