information
 2018.07.14 UP DATE
堂島リバーフォーラム開館10周年特別企画
千住 博 & チームラボ コラボレーション展「水」


命に不可欠であり神秘的でもある『水』をテーマに、
日本を代表する画家千住博と、
チームラボによる奇跡のコラボレーション展「水」が、
堂島リバーフォーラム10周年記念企画として開催されます。

チームラボによる空間は、コンピューター上の空間で、
三次元上の水の動きをシミュレーションし波を構築している。
水は、無数の水の粒子の連続体で表現し、
粒子間の相互作用を計算している。
そして、水の粒子の挙動で線を描き、三次元上の波の表層に線を描いている。
立体的に描かれた線の集合を、
チームラボが考える「超主観空間」によって平面化し映像作品にしている。
千住博の描きおろし作品とのコラボレーションをお楽しみください。

堂島リバーフォーラム:大阪市福島区福島1-1-17
2018年7月14日(土)〜9月2日(日)11:00〜19:00
料金:一般 1,000円/高校生以下 500円

information
 2018.05.29 UP DATE
「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」富山県美術館で開催。

《高野山金剛峯寺襖絵 瀧図》 (部分 ) 2018 年 高野山金剛峯寺所蔵

千住博は、2015年の高野山金剛峯寺開創1200年を記念して、
大主殿の「茶の間」と「囲炉裏の間」に新作の襖絵を奉納します。
富山県美術館では、本展を、千住博画業40余年の集大成と位置付け、
世界遺産・高野山金剛峯寺に奉納する、渾身の襖絵と床の間からなる障壁画 44面を
国内外で初公開いたします。
あわせて、2018 年に還暦を迎えた千住博のこれまでの主要作品も展観し、
常に世界を見据え、日本画の新しい可能性を模索してきた〈千住博作品の世界観〉を紹介します。

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展
2018 年 6 月 9 日〜 7 月 29 日:富山県美術館
詳細は上記画像をクリックしてご覧いただけます。
また。「作品をみる」vol.5で作品の一部もお楽しみください。

◆垤睫郢涯盥篳寺襖絵 断崖図》(部分) 2018 年 高野山金剛峯寺所蔵
 
 profile
千住博



2018.6.9~7.29.
富山県美術館
「高野山金剛峯寺
襖絵完成記念  千住博展」



2017年5月16日
日本画家の千住博が
イサム・ノグチ賞を受賞しました。
授賞式での千住さんとポーソンさん photo: Benjamin Lozovsky/BFA.com

NYクイーンズ区ロングアイランド
のイサム・ノグチ美術館で授賞式で
英国人建築家のジョン・ポーソン氏
とともに受賞しました。
同賞は革新性や優れた国際感覚、
東西文化交流への貢献など、世界的
に活躍した彫刻家イサム・ノグチ
(1904〜88)の精神に通じる活動
を行う建築家芸術家デザイナーに
贈られるもので、今年で4回目。
これまでに杉本博司・谷口吉生
安藤忠雄が選ばれています。

千住博のイサム・ノグチへの想いは
「作品をみる」で直接本人トークを
お聞きください



2018.3.1 - 12.24
At World’s End
ー新作「地の果て」に至る
       モチーフの系譜−



異質なもの同士がハーモニーを
奏でたときに、本当に美しい調和が
生み出される、
と私は常に思っています。
この美術館も、先進的な建築家と
組ませていただくことによって、
いままでどこにもなかった新しい
空間が出現したらいいなと
思っていました。
そして、本当に世界どこにも見た
ことのないような、まったく
新しい創造的な空間がここに
現れつつあります。
私はこの美術館を、豊かな自然に
囲まれた避暑地でもあるこの場所
だからこそあり得る、光あふれる、
明るい美術館にしたいと
思っています。
その中で、私の作品を年代を
追って、観ていただくことの
できる、理想的な空間です。
多くの方に観に来ていただいて、
美しいものを観たなと、
勇気が出てきた、
生きる力が湧いてきた、
新しい発見があった、
そのような体験を、もしこの
美術館でしていただけることが
出来るのであれば、もうそれに
まさる喜びはないですね。
美術館居ついて  千住博



2008年
千住博art in New York:
世界が注目する天才日本画家の挑戦



2015年
千住博全版画カタログレゾネ
1988-2015



千住博
日本画家
1958年 東京都生まれ。
1982年
東京藝術大学美術学部絵画科日本画
専攻卒業。
1984年
同大学院修士課程修了。
1987年
同大学院後期博士課程単位取得。
1995年
「Water Fall」が、第46回
ヴェネツィアビエンナーレで
東洋人として初の名誉賞受賞。
2006年
第6回韓国光州ビエンナーレ出品。
2007年
フィラデルフィア松風荘襖絵制作。
2009年
ベネッセアートサイト直島
石橋プロジェクト 母屋公開。
2010年
APEC JAPAN 2010首脳会議で
現代日本画による会場構成を担当。
2011年
第5回中国成都ビエンナーレに出品。
軽井沢千住博美術館オープン。
2013年
大徳寺聚光院本院別院襖絵完成。
2015年
第56回ヴェネツィアビエンナーレ
に出品。
2015年
高野山真言宗総本山金剛峯寺
襖絵制作決定。
2016年
世界遺産薬師寺に作品収蔵。
2007-13年
京都造形芸術大学学長。
現在東京藝術学舎学舎長。
ニューヨーク在住。

1994年
星のふる夜にWhen Stardust Falls
この絵本は活字が一切ありません。
右ページには繊細で神秘的な絵
左ページには小さな地図。
子鹿がたどる道順がのる構成。



2008年「美」を生きる



2015年「名画は語る」
フェルメール「牛乳を注ぐ女」
ピカソ「ゲルニカ」
ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」
名画45点に画家の視線で迫る。