information
 2018.08.26 UP DATE
工房近くにギャラリー「アートスペース」 OPEN。


360°版画工房からから歩いて数分。丸ノ内線新高円寺駅から目の前青梅街道を渡ってすぐ。
阿波踊りのメインストリートを見晴らす新装なった
瀟洒なビルの1階に落ち着いた雰囲気のギャラリーはあります。
オノ・ヨーコ、草間彌生、田名網敬一、ファンタジスタ歌麻呂、原神一他、
版画工房で独自の技法で開発された、ネオ・シルクスクリーンの版画が
ゆったりとしたサロン空間に展示されています。
来年開催予定の高エネルギー加速器研究機構(KEK)とコラボレーションする
Arts FestivalのArt & Science Committeeの拠点としても機能しています。
アートとサイエンスの勉強会を毎月1回のペースで行っています。

Sensible Art Project/知覚する芸術「自動継続で回転運動する正円の虹:2004」

information
 2009.10.03 UP DATE
伊丹裕:エネルギー表現活動の軌跡
Project-3:知覚する芸術/Sensible Art



2000年  自然現象の妙が視覚化される空間を体感することで,
センス オブ ワンダー(自然現象の多様な不思議、驚きに気づく力)を再発見し,
生命の記憶の中に封印された新たなる感覚を呼び起こすための空間を創出するアートを遂行中。

Project-2:惑星磁場修正計画



1993年よりストーンヘンジ(イギリス)をスタートとして,
地球のパワースポット7箇所に磁場修正物質を埋設することで,
磁場(意識場)を高めることをコンセプトに「惑星磁場修正計画」のアースワークを開始。

Project-1:サーキュレーション・アート/Circuration Art



1991年 種々の分野でサーキュレーション(循環)されているものの
本質・道理・法則性を思想的に位置づけ、その運動を、より高度に循環させることで、
人間と人間、人間と自然、人間と宇宙を確認していこうとするシステムです。
各界の有識者と交流し, 意識のサーキュレーションにより、
人類が抱えている加太に解決の糸口を見出そうとする芸術活動です。
officialsite
 2009.09.30 UP DATE
伊丹裕のオフィシャルサイトはこちら
→http://itami-hiroshi.jimdo.com/
 
 profile
伊丹裕360°GRAPHICS
現代美術としても独自の表現を追求
美道的表現を体現した作品



独自の開発「レインボー版画」
1点光源を近づけると空間に正円の
虹が出現する。知覚する芸術作品。
21世紀の風水版画と呼ばれるこの
版画は、良質の周波数を集積する
概念から図形や色や材質などが
計算されており良質のエネルギーを
発散する稀有なアートです。
⬆︎画像をクリックで購入できます。



ネオシルク作品「0磁場」
良質のエネルギーを空間に放出する
ネオシルク作品として発表。



古代カタカムナ文字を応用した
作品シリーズ「アマカナ版画」

良質のエネルギーを空間に
放出するインスタレーションを
多数発表。
ネオシルク作品は下記画像を
クリックしてご覧いただけます。



Circuration Art
宇宙エネルギー集積概念図
1500×1000mm





2018年8月
360°GRAPHICS版画工房
アートスペース。開設。
杉並区高円寺南2丁目14−2 
カセッタ高円寺1F 12

東高円寺にある版画工房より
徒歩数分JR高円寺から9分です。
異業種のクリエーター
が自然に集まってのサロン的
な要素を保ちながら、
ワークショップや展示空間と
しての使用の考えています。
ご利用になりたい方は
お気軽にご相談ください。
伊丹 裕
 


伊丹裕
1976年 Cosmographiaとして
「実験音楽活動」開始
1978年 美学校・松澤宥氏のもとで
最終美術思考工房修得

1980年 版画工房
    360°GRAPHICS設立。
「美道的表現の宣言」
人間の本質を呼び起こす
表現を試みる。
現在まで国内外で多数開催

1991年
「サーキュレーションアート提唱」
芸術の枠を超えてより高次元に
循環する 生命とシステムの思想

1993年「惑星磁場修正計画」開始
各界の有識者と交流し、
波動空間哲学を構築
1994年
ストーンヘンジをスタートに
南極、セドナ等地球上の
パワースポット7箇所で
磁場修正のプロジェクト
『惑星磁場修正計画』遂行。

ストーンヘンジ近郊には
磁場修正物質ψが
33箇所に埋設された。



2002年
「レインボープロジェクト』開始
「知覚する芸術」の一環として、
空間に3次元の立体の虹を
創出するプロジェクトを
フォーディメンションユニット
(4DU)で活動開始。

360°GRAPHICS
=360°グラフィックス=は、
ギャラリー360°表参道とともに、
シルクスクリーン版画工房として
1982年にスタート。
1999年よりいち早くジークレ版画
の分野にも取り組み、高い技術力を
誇るオペレーターによる版画制作も
始めました。
また、新しい版画の可能性を拡げ、
ジークレとシルクスクリーンを組み
合わせたネオシルク版画も先駆けて
制作を開始しています。



7.83Hzの交響絵画/DVD
Sound:Para ROUND

1990年観想軸/東京岡崎球子画廊
以降「惑星磁場修正計画」等
ほぼ毎年古典開催
2013年 岡山ArtGarden
伊丹裕360°工房展

主な制作作家
安西水丸 宇野亜喜良 田名網敬一
仲條正義 灘本唯人 小田切 訓 
林 三從 オノ・ヨーコ ヒロ杉山
郭 徳俊 北見隆 草間彌生 
松澤 宥 松本 旻 M・ボックナー 
小杉武久 R・ウィナー 下谷二助 
横尾忠則 田代 卓 和田 誠 
鶴田一郎 他(順不同/敬称略)

360°GRAPHICS
オフィシャルサイトはこちら