message
 2009.10.25 UP DATE
大ヒットした幻のスポーツ作品を独占展示販売。
どうしてあの傑作が生まれたのか、秘密の一端がこれです。


スーパーリアリズムで一世を風靡したあと一時期はスポーツ専門くらい描いた、
という横山タッチの創造の秘密がこれ。

「タッチっていうのはスピード感出せますからね。やはり動きと色。
 何を表現すなきゃいけないか、それに合う描き方を探すんです。

そういいながら見せてくれたのが、この絵を描く前の用材の組み合わせ。

「例えばね、用材でも色々ある。それを一々やってみるんです。こうやって。
 簡単に見えるけどものすごく複雑な事を試してるんです。
 リムーバとアクリルをまぜたり、当たり前だと面白いトーンが出ないから
 うまくいかない時は自分で絵の具をこさえたりした事もある。
 自分のモノになるまで、下準備で高い紙をムダにしてる。
 見るヒトの眼にふれない部分だけど、ぼくにはこの技術が大事なんです。

そういいながら「20やってひとつうまくいくかどうかですね。」と豪快に笑う。

横山作品の真髄、幻のスポーツ原画4点は⇒。
本人の想いはvol.4でお聴きください。
information
 2009.08.31 UP DATE
最近は自分の描きたいものしか描かなくなっちゃって。
スーパーリアリズムだけじゃなく、
昔は何でもやってたから怒られたりしたけどね。



事務所は見晴らしのいい窓際に大きなキャンバスを広げた机がおかれ
絵筆だけでなくありとあらゆる画材に溢れている。
大柄で一見無骨な立ち居振る舞いの中に時折 ...

memorial
 2009.08.15 UP DATE
最近の作風につながる三菱自動車のカレンダー。
officialsite
 2009.08.01 UP DATE
横山明オフィシャルサイトはこちら
→http://www.yokoyamaakira.com/gallery.html
 
 profile
横山明
リアリズムを代表する作品。
本人所蔵の貴重な逸品購入可能。

「サーファーの夏」

「テニスプレーヤーの孤独」

「スキーヤーの恍惚」
⇧原画購入はこちらをクリック。
本物の輝きをご覧ください。



1938年岡山生まれ。
慶応義塾大学文学部仏文科卒業。アートセンター・カレッジ・オブデザインを経て
67年よりフリーランス。
67年日宣美展特選。
83年東京ADC制作者賞。
85年ラハチ国際ポスター
ビエンナーレ展第1位。
スーパーリアリズムの先駆けとして
一世を風靡。
現在は風景画に新境地。
川崎市民ミュージアム、
ニューヨーク近代美術館他収蔵。

2011.6.2~6.7
横山明展/紀伊国屋画廊


映画「天城越え」ポスター