information
 2017.04.08 UP DATE
幻の初期傑作「金魚姫」「みかえり姫」残1点。


かなりの天野喜孝マニアでも入手不可能な逸品、
超レアアイテムをご紹介します。
ファンタジックに女性の理想像を描ききった初期代表作。
天野本人もひときわ愛着の深い作品ですが、
多分ご覧になった方は少ないはずです。

貴重な「金魚姫」「みかえり姫」30部限定額装サイン入り
リトグラフですが、すでにすべてSOLDOUT作品
残るはもう各1点限り、です。
240.000円消費税送料込み。
⇧上記2作品は直接画像をクリックしても購入できます。
天野美学のエッセンスが凝縮された色鮮やかな作品は
「作品をみる」で本人の製作にまつわるおしゃべりも作品と一緒にお楽しみください。

information
 2017.03.06 UP DATE
かわいいやさいのようせいがいっぱいつまった画集。絶版。


登場人物はNY在住の頃、気に入ったいたずらなおうちのやさいたち。
物語の敵役は「カビ」。
ガーリック・芽キャベツ・レタス・白なすetc。キャラクター達が
ページを繰るたびにぎやかにでユーモラス。

”NYのアトリエの近くにディーン&デルーカというスーパーがあったんですけど、
そこにある野菜たちはどれもきれいにパックされていてカワイイんですよ。”

2007年〜8年にNHKEテレで放送され、原田知世のナレーションで
人気になったアニメの原作にあたる作品集です。
ただし、現在は絶版。ここでしか手に入りません。
「ニューヨークサラダ」 96P/フルカラー 2.600円(税込) :主婦の友社
作品の詳細は 「作品をみる」vol.7~8で、本人のおしゃべりも聴けます。

⬆画像クリックで購入は可能です。
ただ 残部数はほんの僅かです。売り切れ次第終了となります。

information
 2017.03.05 UP DATE
「CANDY GIRL」コラボプロジェクト本格始動。


2017年3月25日(土)に国立代々木競技場第一体育館で
開催される「第24回 東京ガールズコレクション 2017 SPRING/SUMMER」
のテーマを象徴するキービジュアルに「CANDY GIRL」が起用されました。



「CANDY GIRL」を世界に発信するプロジェクトは去年から始動。
その第一弾として
2016.2.2~16.「CANDY GIRL」が銀座三越の展開する「DISCOVER! TOKYO」との
コラボレーションが決定しました。
「DISCOVER!TOKYO」は、ポップカルチャーや東京発のブランドと
伝統と高い技術を感じさせる工芸や食品などを紹介するイベントで、
この一環として、三越銀座店では天野氏の「CANDY GIRL」をモチーフにした
スカーフやiPhoneケース、文具、お菓子など
50アイテム50アイテムの限定商品を販売されています。

「CANDY GIRL」は、天野喜孝がここ数年取り組んできたファインアート作品の
象徴であり、カラフルでポップなキャラクターは108体に及んでいます。
2015年には、NTV系列「24時間テレビ37 愛は地球を救う」のチャリティTシャツの
デザインにも登場し大きな話題を集めました。

2.19.には、「CANDY GIRL」プロジェクトから選抜された5人によるユニット、
CANDY5が同時配信デビューする。

デビュー曲は全英1位を獲得したマーク・ロンソンの「Bang Bang Bang」に参加し
一躍 ヒットメーカーの仲間入りを果たしたアメリカ人ソングライターの
MNDRが担当したアップテンポのダンスナンバーに仕上がっています。

”いよいよCANDY5デビューです。ファッションとアート、ミュージックが現実に出てくることは
まだ世界的にないと思います。
今の日本だからこそこういう試みができると
思うので今後の展開がとても楽しみです。”

「CANDY GIRL」は「作品をみる」vol.4で初期アイデア、
vol.13で新作と天野本人のおしゃべりがお楽しみいただけます。



event
 2016.01.18 UP DATE
ファイナルファンタジー全シリーズの原画を初展示。


1987年スクウェア(現スクウェア・エニックス)から発売された伝説的RPG
「ファイナルファンタジー」シリーズのキャラクターデザインを手がけ、
独自のアートワークで世界中のファンを魅了してきた天野喜孝。
今回開かれる「天野喜孝展」では、初めて「ファイナルファンタジー」全シリーズの
原画を、ゲームパッケージとともに展示する他、
パリ、ニューヨークなど海外で評価される最新のファインアートシリーズ
「Candy Girl」まで、100点以上が展示されます。

天野喜孝展
開催期間:2016.1.29(金)〜3.8(火)期間中無休
観覧時間:午前11時〜午後8時(最終入場は、閉場の30分前まで)
開催場所:有楽町朝日ギャラリー /有楽町マリオン11F
観覧料 一般 1,000円・大学生 900円・高校/65歳以上 800円・中学生以下無料
主催:朝日新聞社、テレビ朝日、東映
特別協力:天野喜孝事務所、エムズマネジメントオフィス

「作品をみる」ではファイナルファンタジーや他の作品を公開するとともに
天野喜孝本人のトーク音声もたっぷりとお聞きいただけます。

FFのキャラクターデザインを天野喜孝が担当する事になったのは
坂口博信率いるFF開発スタッフの熱烈なアプローチに
天野が「面白いからやりましょう」と即答したのがきっかけ。
当初は断られるか、少なくとも「ちょっと考えさせてくれ」と
いわれるとスタッフは思っていたというエピソードが残っている。



1987.12.18.FAINAL FANTASY 1987年記念すべき第一作&零パッケージ。



information
 2015.12.01 UP DATE
羽生結弦選手のイメージイラスト公開。
フィギュアスケートの羽生結弦の2015-16シーズンの
フリープログラム「SEIMEI」。
2015年NHK杯で羽生結弦が優勝を決めたフリープログラム曲。
216.07という驚異的な点数を叩きだした時の曲が天野喜孝「陰陽師」から生まれた映画 オリジナル・サウンドトラック「陰陽師」の「SEIMEI」だと話題になりました。

その快挙に刺激を受けて、ソニー・ミュージックダイレクトは、「SEIMEI」の原曲を収録した「陰陽師」のCDジャケットを手がける天野喜孝氏が、その制作過程で別途描き下ろした羽生結弦選手のイメージ画をWebサイト上で公開したことを発表しました。

右は映画の原作イメージとなった「天野喜孝コンセプトデザイン集 陰陽師 」表紙。
information
 2014.12.24 UP DATE
絢爛華麗未公開作品一挙公開。「作品をみる」で時間旅行を。




海外ファんタジーの世界観に日本的な宗教観が絡みあって生まれる独特の神話世界。
紡ぎだされる壮大な物語の時空を未公開作品を加えて縦横無尽に堪能してください。
「作品をみる」vol.1~12まで。本人インタビューとあわせてたっぷりと。

information
 2013.11.27 UP DATE
ミヅマアートギャラリーで初の個展。


その繊細で妖艶・幻想的な絵柄は日本に留まらず、世界中で熱狂的な人気を博し、
また現在活躍する様々な分野のクリエイターに多大な影響を与えてきました。
舞台、映画の美術や衣装デザイン、映像作品の制作など、多様な領域を意欲的に
横断 ...

event
 2013.06.14 UP DATE
天野喜孝×HYDE展「天命と背徳」ラフォーレ原宿で開催。




本展覧会は天野喜孝が、L'arc~en~Cielのヴォーカ ...

event
 2010.11.20 UP DATE
アートステイトメンツギャラリーTOKYO
オープニング展示でDEVA日本初公開。



巨大なアルミキャンバス上を特殊ペイントで華麗な世界が展開する。
新たなアマノワールド「DEVA」が初めて ...

interview
 2009.07.28 UP DATE
ファイナルファンタジーで世界を席巻した冒険は終わらない。
次のテーマは新世代のファインアート。

ファイナルファンタジーのVISUALを
世界に広めた天野喜孝。
ゲーム、キャラクター、装丁画、墨絵と
次々に新たなジャンルを切り開いてきた
天才が今、手がけているのが
「新世紀のファインアート」。

大きく採光が入るガラス張りの工房は
アメリカ直輸入のクルマ用の吹き付けが
色とりどりに散乱して、
机の上はアイデアスケッチや画材で
埋め尽くされている。



2、3mのアルミパネルに特殊な画材でペインティングした作品が20点以上。
アメリカ、韓国招聘という過密スケジュールをこなしながら、そのあいまをぬって
徹夜で特注したクルマのメタリックカラーをスプレーする眼差しは真剣。
それでいて、子供のように純真でいかにも楽しそうだ。

香港での個展は肩書なし。「天野喜孝」の名前だけで絶賛を博した。



officialsite
 2009.04.01 UP DATE
天野喜孝のオフィシャルブログはこちら
→http://ameblo.jp/amanoyoshitaka/
 
 profile
天野喜孝



1987年坂口博信によって生み出され
スクウェアエニックスが開発した
RPG「ファイナルファンタジー」は
天野喜孝の斬新な世界観と
精緻華麗なヴィジュアルアートで
全世界を震撼させ大ブレイク。
天野喜孝は日本発信の
ポップカルチャーを代表する作家と
して欧米・中国・香港・台湾を始め
国際的に絶大な支持を集めている。
作品画像と本人トークは
「作品をみる」でご覧ください。



2016年
天野喜孝展 進化するファンタジー
故デヴィッド・ボウイをモチーフと
した追加展示作品。



天野喜孝展〜想像を超えた世界
熊本市現代美術館
2014年9月27日〜11月23日
愛知県高浜市 かわら美術館
2015年4月11日〜5月24日
兵庫県立美術館
2015年6月27日〜8月30日
有楽町朝日ギャラリー
2016年1月29日〜3月8日
グランフロント大阪
2016年4月23日〜5月22日
新潟市新津美術館
2016年6月19日〜8月21日
静岡県静岡市 駿府博物館
2017年1月14日〜3月5日

2010年
「英雄-天野喜孝個展 Hero」
台北當代藝術館



新プロジェクト「CANDY GIRL」
天野喜孝がここ数年取り組んできた
カラフルでポップなキャラクター。
「KAWAII」の象徴として世界発信。
「作品をみる」vol.4&13等で
新旧作品と本人のおしゃべりを
お聴きいただけます。

2014年 NTV系列
「24時間テレビ〜愛は地球を救う」
チャリティキャラクターにも登場。





2014年
イラストレーション別冊/玄光社




DEVALOKA PROJECT

2012年 
60周年記念ビジュBOOK
「DEVALOKA」発売。

2010年
本人監督作品である
映画「DEVA ZAN」記者発表。

究極の神々の戦いの物語は
ハリウッド映画化が企画中。

Devalokaとは天の意味で
日本や東洋の神話世界を,
現代テクノロジーを踏まえた
画期的な手法で表現したいと
語るライフワーク。
詳しくは「作品をみる」で
本人のおしゃべりで聞けます。



1994年
JAPAN―FINAL FANTASY
その繊細で妖艶幻想的な絵柄で
欧米でも人気を博す契機になった
画集「ファイナルファンタジー」

1991年「天野喜孝空想画集DAWN
〜ファイナルファンタジーの世界」
絶版/NTT出版



1952年静岡生まれ。
1967年竜の子プロダクションで
アニメ作品のキャラクター 
タイムボカン、ヤッターマン、
みなしごハッチ 他をてがけた後 
1982年フリーに。 



天野嘉孝名義の最初の作品
タイムボカンシリーズ。

1987年「ファイナルファンタジー」
のキャラクターデザインが
世界的な人気を博す。

1983年〜86年星雲賞4年連続受賞。
1997/99年NYで大規模個展開催。
2000年アイズナー賞受賞。
ドラゴンコン賞。受賞歴多数。

1990年「なよたけ」舞台美術
坂東玉三郎演出、日生劇場
1992年「楊貴妃」舞台美術



2009年栗本 薫「ムーン・リヴァー」



2006年夢枕獏「楊貴妃」

栗本薫「グインサーガ」
夢枕獏「餓狼伝」の表紙
「江戸川乱歩推理文庫」挿絵等
原画やリトグラフ制作を始め、
キャラクターデザイン、舞台美術、
衣装などジャンルを超えた
活動は世界的に評価され、
ニューヨーク、ロンドン、パリ、
リヨン、ケルンなどでも個展を
開催する他多方面で活躍している。



2014年
石川さゆりが椎名林檎
奥田民生等とコラボした
「X-crossll」ジャケット制作。



2006年
Coffin:
The Art of Vampire Hunter D

2000年天野喜孝画集
「吸血鬼ハンター"D"」
菊地秀行の小説がアニメ映画
「Vampire Hunter D: Bloodlust」
として公開。海外でも翻訳出版。
天野喜孝:キャラクター原案





2006年
700年に一度だけ姿を現す幽霊船
廃墟の世界で邂逅する男と女
画家天野喜孝が描く異色幻想奇譚
DVD「Fantascope~tylostoma~」
発売元:東映アニメーション
販売元:幻冬舎



限定1000体シュタイフの
オリジナルポーラーベア
イメージポスター。
緑の地球〜ジャングル展出品作品
絶滅危機動物へのオマージュ。
この作品をもとに生まれた
シュタイフのポーラーベアは
⇧をクリックして購入できます。



2005年画集「花と蛇」



2003年画集「AMANO first」



2003年
The Complete Prints of
Yoshitaka Amano



2002年「天野喜孝交響曲」



2002年
天野喜孝全版画集1991-2001



2001年 天使のたまご』DVD
押井守監督と天野喜孝によるOVA
ジェネオン エンタテインメント



1997年「源氏物語」



1996年「 グイン・サーガ画集 」



1996年「葡萄姫-千夜一夜物語」
松本隆/天野喜孝 



1994年「花天」
「乱歩」47点を中心に、
天野喜孝30年におよぶ幻想美の
精華を集大成した記念碑的画集。



1986年「幻夢宮」
対談/坂東玉三郎 夢枕獏