information
 2018.10.03 UP DATE
Mizuma, Kips & Wada Art 開廊記念 天野喜孝展「DEVA LOKA」

天野喜孝「眠れる森の美女が目覚めるとき」2018
オートモーティブペイント、アクリル、アルミパネル
240×320×10cm ©AMANO Yoshitaka Courtesy Mizuma Art Gallery

この秋ミヅマアートギャラリーはニューヨークに新たなギャラリースペース
「Mizuma, Kips & Wada Art」を開廊する運びとなりました。
グランドオープンを記念し、10 月 13 日より天野喜孝展「DEVA LOKA」を開催致します。
本スペースは Kips Gallery(ニューヨーク)と和田画廊(東京)との共同経営となります。
天野喜孝は、15 歳でアニメ制作会社タツノコプロに入社。
「タイムボカン」シリーズなど数多くのキャラクターデザインに関わりました。
独立後に手掛けた数々の挿画や、特に「ファイナルファンタジー」シリーズの
キャラクターデザインは天野の名を世界的なものとしています。
その繊細で妖艶・幻想的な絵柄は世界中で人気を博し、
また現在活躍する様々な分野のクリエイターに多大な影響を与えてきました。
舞台、映画の美術や衣装デザイン、映像作品の制作など、
多様な領域を意欲的に横断してきた天野は、90 年代後半に NY でスタジオを構えると、
その活動の中心をファインアートに移しました。

展覧会タイトルの「DEVA LOKA(神々の場所)」と呼ばれる作品群は、
アーティスト天野喜孝の創作の中核をなすものです。
画面を埋め尽くすモンスターや神々、未知の機械が渾然一体となった豊潤な世界。
本展は「DEVA LOKA」の作品をはじめ、
ポップアートに影響を受け生み出された作品や、活動の原点となる
誰もが知るキャラクターまで、全て新作で構成されます。
創造に満ちた宇宙の黎明を予感させ、世界の新しい始まりを告げる本展覧会をご高覧下さい。
作品の詳細画像は「作品をみるvol.16」でもご覧いただけます。

天野喜孝「Candy Girl」2018 オートモーティブペイント、アクリル、アルミパネル
160×180×10cm ©AMANO Yoshitaka Courtesy Mizuma Art Gallery
information
 2018.08.09 UP DATE
「天野喜孝の世界展」開催記念
アートライフオリジナル携帯カバー販売開始。


「天野喜孝展の世界展」開催を記念して
待望の本人自選画像サイン入り
アートライフオリジナル携帯カバー「Carousel 」販売開始!

しかも、あなたの携帯機種にあわせたサイズでご注文できます!
販売価格:3、800円(消費税送料込みの金額です。)
上記画像をクリックしてご購入いただけます。


iphone・Xperiaはもちろん、現在発売中の184機種すべての機種に対応した
お持ちの携帯にあわせて1点から制作するオリジナルクラフトケースですので
ご注文の際、必ずお持ちの携帯の機種をお書き添えください。

その機種にあったカバーをお作りします。
1週間から10日でお届けします。
素材:合成皮革に 作家本人自選オリジナル原画と作家サインをプリント。
手帳型:機種に対応したカバーサイズを。裏面にはカメラ用フレーム。
内側に携帯固定ケース及びカードホルダーポケット付

information
 2018.08.08 UP DATE
FINAL FANTASY と天野喜孝の世界展



「BIG BANG」 IMAGE ILLUSTRATION:© YOSHITAKA AMANO

『FINAL FANTASYと天野喜孝の世界展』
2018年8月10日〜9月2日:池袋サンシャインシティ 展示ホールC

「ファイナルファンタジー」関連で過去最大約150作品の原画を中心に
CG、立体造形を駆使した体感展示されます。
さらに、90年代後半から天野が制作を続けるファインアートの大型作品まで約200点。
特に、本展のための初公開作品「BIG BANG」は現時点での天野芸術の集大成となる大作です。
また、会場はゾーンを巡りながら、ファンタジーの世界を
オリジナル映像コンテンツで新たに表現した過去にない最大規模の体感型展覧会です。
詳細は上記画像をクリックしてご確認ください。
「作品をみる」では作品画像とともに本人のおしゃべりもお楽しみいただけます。


「マドンナ」1996   「DEVA LOKA」2008 © YOSHITAKA AMANO
information
 2018.04.20 UP DATE
馬の博物館・JRA競馬博物館で「天野喜孝展〜天馬〜」開催。




2018年新作「時と光」《FINAL FANTASY CDカバーイラスト》
ポニーセンターでゴーチェ号とのツーショット/撮影:安珠



”これまで多くの馬を描いてきました。
馬を描きたいというよりは、描きたい絵の中に馬がいるのです。”

根岸馬の博物館・JRA競馬博物館のふたつの会場で4月〜6月に開催される
初めての「馬」をテーマにした個展には初期のスケッチから、
ファイナルファンタジーをはじめとする作品群に登場する
ペガサスやユニコーン、ケンタウルスなど、
馬をモチーフとして創造された幻獣、騎獣が並びます。
7mのアクリルアルミパネル「DEVA LOKA」や、
初お披露目となる、漆喰や銀箔を使った描き下ろしの新作や未公開作品が並ぶ会場は壮観です。
「作品をみる」vol.14では作品と本人のおしゃべりもお楽しみください。

春季特別展「天野喜孝〜天馬〜」
第1会場 馬の博物館 第2・3展示室
平成30年4月21日(土) 〜6月24日(日)
※月曜休館(ただし4月30日は開館)
開館時間:午前10時〜午後4時30分
入館料:大人200円、小中高校生30円、団体(20名以上)半額
第2会場 JRA競馬博物館 2階 第3展示室
平成30年5月12日(土) 〜6月24日(日)※月・火曜休館
午前10時〜午後5時(東京競馬開催日)
午前10時〜午後4時(その他の日)
入 館 料:無料(ただし東京競馬開催日は競馬場への入場料200円が必要)

ポニーセンターでのスケッチ風景
©anju
詳細は下記画像をクリックしてご確認ください。2015年「Quatre Chevaux」

 
 profile
天野喜孝



FINAL FANTASY と
     天野喜孝の世界展
2018.8.10(FRI)~9.2(SUN)
11:00-18:00
池袋・サンシャインシティ
文化会館ビル3F展示ホールC



1987年坂口博信によって生み出され
スクウェアエニックスが開発した
RPG「ファイナルファンタジー」は
天野喜孝の斬新な世界観と
精緻華麗なヴィジュアルアートで
全世界を震撼させ大ブレイク。
天野喜孝は日本発信の
ポップカルチャーを代表する作家と
して欧米・中国・香港・台湾を始め
国際的に絶大な支持を集めている。
作品画像と本人トークは
「作品をみる」でご覧ください。



2016年
天野喜孝展 進化するファンタジー
故デヴィッド・ボウイをモチーフと
した追加展示作品。



天野喜孝展〜想像を超えた世界
熊本市現代美術館
2014年9月27日〜11月23日
愛知県高浜市 かわら美術館
2015年4月11日〜5月24日
兵庫県立美術館
2015年6月27日〜8月30日
有楽町朝日ギャラリー
2016年1月29日〜3月8日
グランフロント大阪
2016年4月23日〜5月22日
新潟市新津美術館
2016年6月19日〜8月21日
静岡県静岡市 駿府博物館
2017年1月14日〜3月5日

2010年
「英雄-天野喜孝個展 Hero」
台北當代藝術館



新プロジェクト「CANDY GIRL」
天野喜孝がここ数年取り組んできた
カラフルでポップなキャラクター。
「KAWAII」の象徴として世界発信。
108体のアンドロイド達という設定で
70年代の天野の仕事やポップアート
の影響が見て取れます。

アルミパネルにアクリル絵具と
自動車用塗料を用いて描画され
画面はツヤツヤのピカピカで、
「絵画」の物質的存在感についても
新しい提案をしています。
「作品をみる」vol.4&13等で
新旧作品と本人のおしゃべりを
お聴きいただけます。

2014年 NTV系列
「24時間テレビ〜愛は地球を救う」
チャリティキャラクターにも登場。





2014年
イラストレーション別冊/玄光社




DEVALOKA PROJECT

2012年 
60周年記念ビジュBOOK
「DEVALOKA」発売。

2010年
本人監督作品である
映画「DEVA ZAN」記者発表。

究極の神々の戦いの物語は
ハリウッド映画化が企画中。

「DEVA LOKA」とは、
「神々の住む場所」という意味の
仏教用語で、天野の作品では
「混沌」が表現されます。
「ファイナルファンタジー」で
お馴染みのウェアタイガー、
クレイジーホース、スカル、
黒騎士、スライム、ボムや
新しく創生されたモンスター達が
勢い良く湧き出しています。
日本や東洋の神話世界を,
現代テクノロジーを踏まえた
画期的な手法で表現したいと
語るライフワーク。
詳しくは「作品をみる」で
本人のおしゃべりで聞けます。



1994年
JAPAN―FINAL FANTASY
その繊細で妖艶幻想的な絵柄で
欧米でも人気を博す契機になった
画集「ファイナルファンタジー」

1991年「天野喜孝空想画集DAWN
〜ファイナルファンタジーの世界」
絶版/NTT出版



1952年静岡生まれ。
1967年タツノコプロで
15歳からプロのアニメキャラクター
デザイナーとして画業を始める。
アニメ作品のキャラクター 
タイムボカン、ヤッターマン、
みなしごハッチ 他をてがけた後 
1982年フリーに。 



天野嘉孝名義の最初の作品
タイムボカンシリーズ。

1987年「ファイナルファンタジー」
のキャラクターデザインが
世界的な人気を博す。

1983年〜86年星雲賞4年連続受賞。
1997/99年NYで大規模個展開催。
2000年アイズナー賞受賞。
ドラゴンコン賞。受賞歴多数。

1990年「なよたけ」舞台美術
坂東玉三郎演出、日生劇場
1992年「楊貴妃」舞台美術



2009年栗本 薫「ムーン・リヴァー」



2006年夢枕獏「楊貴妃」

栗本薫「グインサーガ」
夢枕獏「餓狼伝」の表紙
「江戸川乱歩推理文庫」挿絵等
原画やリトグラフ制作を始め、
キャラクターデザイン、舞台美術、
衣装などジャンルを超えた
活動は世界的に評価され、
ニューヨーク、ロンドン、パリ、
リヨン、ケルンなどでも個展を
開催する他多方面で活躍している。



2014年
石川さゆりが椎名林檎
奥田民生等とコラボした
「X-crossll」ジャケット制作。



2006年
Coffin:
The Art of Vampire Hunter D

2000年天野喜孝画集
「吸血鬼ハンター"D"」
菊地秀行の小説がアニメ映画
「Vampire Hunter D: Bloodlust」
として公開。海外でも翻訳出版。
天野喜孝:キャラクター原案





2006年
700年に一度だけ姿を現す幽霊船
廃墟の世界で邂逅する男と女
画家天野喜孝が描く異色幻想奇譚
DVD「Fantascope~tylostoma~」
発売元:東映アニメーション
販売元:幻冬舎



限定1000体シュタイフの
オリジナルポーラーベア
イメージポスター。
緑の地球〜ジャングル展出品作品
絶滅危機動物へのオマージュ。
この作品をもとに生まれた
シュタイフのポーラーベアは
⇧をクリックして購入できます。



2005年画集「花と蛇」



2003年画集「AMANO first」



2003年
The Complete Prints of
Yoshitaka Amano



2002年「天野喜孝交響曲」



2002年
天野喜孝全版画集1991-2001



2001年 天使のたまご』DVD
押井守監督と天野喜孝によるOVA
ジェネオン エンタテインメント



1997年「源氏物語」



1996年「 グイン・サーガ画集 」



1996年「葡萄姫-千夜一夜物語」
松本隆/天野喜孝 



1994年「花天」
「乱歩」47点を中心に、
天野喜孝30年におよぶ幻想美の
精華を集大成した記念碑的画集。



1986年「幻夢宮」
対談/坂東玉三郎 夢枕獏