profile
池田学



2017年
≪誕生≫が誕生するまで
The Birth of Rebirth

池田学自らが、作品の生まれた
経緯を振り返り、
≪誕生≫の52ブロックを拡大図と
ともに解説します。



2004年《存在》
145cm×210cm 
145×210cm→145×205cm
紙にペン、インク
Collection of
JOAN AND MICHAEL SALKE



「ドキュメントブック「The Pen」
1ミリのペン先が生み出す巨大宇宙。
過去最大(3×4m)の最新作と
自選100点収録。画業20年記念、
待望の決定版。

著者と綿密に検討した編集構成。
著者自身が切り取った「部分拡大」
を多数掲載し、
実作品では把握しきれない細部まで
堪能できる画期的一書。
下書もせず構想しながら描くという、
驚異的制作スタイルのドキュメント
も収録。



池田学
1973年 佐賀県生まれ。
1998年東京藝術大学美術学部
デザイン科卒業。
卒業制作にて紙に丸ペンを使用した
独自の細密技法を確立。
2000 年同大学院修士課程を修了。
2011 年より文化庁芸術家在外
研修員としてカナダ、
バンクーバーに滞在。
2013 年よりアメリカ、
ウィスコンシン州マディソンにある Chazen 美術館の招聘を受け、
滞在制作を行う。
圧倒的な細密さと共に、
ユニークな感性と創造力溢れる
作風で国内外を問わず
高い評価を得ている。
2014 年
第 25 回タカシマヤ文化基金
美術賞を受賞。
近年の主な展覧会に
「Garden of Unearthly Delights: Works by Ikeda, Tenmyouya & teamLab」
2014 年、ジャパンソサエティギャラリー、ニューヨーク
2013年「ドマーニ・明日展 」
国立新美術館。

2006年大作《興亡史》



2001年《再生》
浜松市美術館公募展大賞。
静岡県伊豆で座礁したタンカー
をモチーフとした。






2010年「池田学画集1 」