information
 2018.02.14 UP DATE
畢生の傑作「SUPER LOVE」手帳型携帯カバーで販売。


21世紀のエネルギーがオリジナル手帳型携帯カバーとして登場しました。
原神一が描き続ける大作「SUPER LOVE〜不確かな時代における真実の愛」
アートライフ限定オリジナル手帳型カバー販売価格:3.800円(消費税送料込み)
上記画像をクリックしてご購入いただけます。

iphone・Xperiaはもちろん、現在発売中の184機種すべての機種に対応して
お持ちの携帯にあわせて1点から制作するオリジナルクラフトケースです。
ご注文の際、必ずお持ちの携帯の機種をお書き添えください。
その機種にあったカバーをお作りします。
素材:合成皮革にオリジナル原画と作家サインをプリント。
手帳型:機種に対応したカバーサイズを。裏面にはカメラ用フレーム。
内側に携帯固定ケース及びカードホルダーポケット付
プラスチックバッグに梱包のうえゆうパケットで発送させていただきます。
運営管理:アートライフ 発送管理:文化放送iCraft

information
 2018.02.01 UP DATE
傑作「GOLD CROSS」をネオシルクでお求め安く。

「GOLID CROSS」ネオシルク作品:30部限定/シートのみ300,000円

ネオシルクは、360°GRAPHICS が独自に開発した、
従来の版画の分 野で使用されていないインクや素材、材質などを積極的に導入し
新たな版画表現を 試みている事が顕著に顕われている版画の名称です。
この手法によって、原画にはない光彩や質感まで付加された
新たなコンセプトによる斬新で感動的な部数限定作品です。
information
 2018.01.25 UP DATE
未完のシリーズ「三千年」に賭ける想い。


畢生の連作「3000YEARS」上記画像をクリックして、原神一作品をご覧いただけます。
下記画像はキャンバス原画/5,000,000円:3880mmx895mm





自宅アトリエには4Mサイズのキャンバスと画材・顔料が並び、
思いついた時にすぐ描き出せる状態になっている。
”「三千年」は人間の普遍的な価値観の表現。できあがった絵は連作として、
100m,200mとどこまでもつながっていきます。
ぼくのテーマは21世紀のエネルギーなんです。
デザインはあくまでも商業的に成立しなければいけないから、
時代のエキスがどこまで表現できるか。
アートは2~300年後に残っていられるか。まったく別物だと思います。”

「SUPER LOVE(地球を傷つけている時代における純粋な愛)」:3,000,000円
下記画像を直接クリックして購入可能です。

information
 2017.12.01 UP DATE
表現するのは時代のエネルギー。

「ENDLESS WORLD(生)-2」 アクリル絵の具 194.0x260.0cm
「ENDLESS WORLD(死)-1」 アクリル絵の具194.0x260.0cm
いくつかの作品は上記画像をクリックして購入可能です。


表現するのは「時代のエネルギー」。
「WHITE ENERGY SERIES」では、生の色、死の色、聖なる色、
そして希望の色である「白」でエネルギーの流れが描かれます。
”壁や国境を越えていく川、風、インターネット、電波、想いなどのエネルギーから
インスピレーションを受け、自身の指先から発する無意識なエネルギーを画面に伝え、
ダイナミックな作品を生み出していく。

「ICON SERIES」では、人と人がコミュニケーションをとるために使うシンボルにこそ
時代の精神とエネルギーが凝縮されていると考えている。

大丸松坂屋百貨店GINZA SIX:Artglorieux GALLERY OF TOKYO
SHINICHI HARA EXHIBITION:2017年7月27日〜 8月9日(水)



2015年高島屋百貨店で開催された個展では、長年情熱を傾けてきた「SUPER LOVE 」
「三千年」シリーズが展示され大きな話題を集めました。

現代美術家、クリエイティブディレクターの原神一は、
和を素材に現代アートを牽引する。
精神エネルギーをテーマとした作品を数多く発表し、
奈良県西大寺をはじめ海外でも個展を開催、国内外から評価されています。

クリエイティブディレクターとして活躍する一方で、
絵画に対する情熱を自分自身の作品制作にも没頭し続けて35年。
自分の中のイメージや湧き出る思いを、作品にどう表現するか試行錯誤を続け
現代美術家として自身が納得できる作品スタイルを確立しました。
アクリル絵具を中心に日本画の顔料や金箔・銀箔、スワロフスキー、クリスタルなど
極細の筆から竹箒まで様々なサイズの筆を駆使して制作されます。

この作品の一部は、高島屋お中元カタログの表紙に使用されました。
琳派400年、「伝統が創る、新しい今」をテーマに
金色に輝く「普遍的なもの」の周りを「感情」が波打ち、
様々な人々響き合い、時を越えてつながってゆくさまが描かれています。

1億枚のエネルギーを1枚の絵画へ!「TOKYO POP原 神一展 SUPER LOVE」
2015年:新宿高島屋・日本橋高島屋・京都高島屋巡回展

information
 2017.11.30 UP DATE
GLAY、浜崎あゆみ他50組以上のミュージシャンの
ジャケットをアートディレクション。総売上1億枚。
原神一を一躍有名にしたのが、CDジャケットのアートディレクション。
1977年にミュージック・グラフィックのデザインオフィスRICEco.,ltdを設立。
以後30年にわたり、数々の話題となったCDジャケットやグラフィックワークを手がけてきました。
浜崎あゆみ全作品(デビューから13年間)をはじめ、GLAY、KinkiKids、大塚愛、
ELT、Y.M.Revolution、The Yellow Monkey、嵐、aiko、深田恭子、
矢沢永吉、安室奈美恵、忌野清志郎、小泉今日子、SPICE GIRLなど
数多くのミュージシャンとコラボレートし時代を代表する
CDジャケットやグラフィックワークを生み出し、
これまでデザインしたCD・レコード・DVDなどの総売上は1億枚に達しています。
2003年 六本木ヒルズtv-asahi UMI で25年におよぶ話題のミュージック・グラフィックを
一挙公開する「原神一展」が開催されました。

officialsite
 2017.11.25 UP DATE
原神一オフィシャルサイトはこちら
→https://www.shinichi-hara.com/
 
 profile
原 神一



2017年 300年祭全国大丸松坂屋
原神一展
SUPER LOVE
「不確かな時代における真実の愛」



2018年郵便局発行の
原神一プレミアム年賀はがき



愛媛県生まれ。
東京デザイナー学院
グラフィックデザイン科卒業。

1977年 
ミュージック・グラフィックの
デザインオフィスRICE設立。
個展:
1986年 APPEARED IN MAGAZINE
“ART FORUM”(ニューヨーク)
1997年:東京、ロサンジェルス、
ニューヨーク
2003年 東京六本木ヒルズUMI
20年間のミュージックグラフィック
ワークの公開中心に。



2006年 デザイナー奥山清行氏との
コラボで人型2足歩行ロボット
“NUVO”のアートワークを展開。
2007年 世界初の踊る知的ロボット
ミュージックプレイヤー“MIURO”を
デザイン。
ロボット学会より実用化技術賞
経済産業省よりロボット大賞受賞。

2009年 
INTERNATIONAL ART FAIR
KUNST ART(イタリア)
東京デザイナー学院特別講師
多摩美術大学客員教授

35年間に渡りデザインしたCD、LP
総売上枚数は1億枚に達する。



CDジャケットや
グラフィックワークの他にも
ロゴマークデザイナーとして、
浜崎あゆみ、ダルビッシュ有、
GRAY、浅田真央などの
ロゴマークを手がける。



2014年実施された
国際的に活躍できる人材育成を
重点的に行う高等学校を
文部科学省が指定する制度
スーパーグローバルハイスクール
ロゴデザイン。



トヨタプリウスデザイン仕様。



2013年
日本橋で420年の歴史を持つ老舗
扇子店伊場仙ブランドプロデュース。




2017年
ロックの殿堂ジャパンミュージアム
デザイン最高顧問