information
 2009.07.07 UP DATE
来場者とのおしゃべりで声がかれる!?
個展でのHILO KUME はサービス精神満点。あったかい。


HILO KUMEの個展で横浜に行ってきました。
HILO KUMEは、彼が描く「古き良きハワイ」をそのまま体現したような人柄です。フレンドリーで人懐っこい笑顔、ゆったりとした語り口調。
彼の体内時計は間違いなくメイド・イン・ハワイです。



各地のハワイアン・フェスティバル会場は、アロハシャツやムームー、郷土品、
バラエティー豊かなアイテムでどこも満杯。特に目を引くのはHILO KUMEブース。
「ああ!よくいらしていただけました」と明るい出迎え。
でも、なんだか声がしゃがれ気味なのは…
「実は大阪、横浜と、ずっとイベント続きで、声を出しすぎてしまいまして。
たくさんの人と話したので、すいません(照れ笑い)」

イラストグッズやハワイ写真。売れ行きのすごさに本人がいちばん驚いているとか。
購入してくれた人には、商品一つひとつにサインを入れて手渡ししていました。



「今回は広島、大阪、横浜と展示会をやってきましたが、どこでも『アートライフ、見ました』ってお客さんが、たくさんいました」と嬉しいコトバも。
声を聞けるのがいいっていうお客さんが多かったそうです。

「展示会の他にも、音楽CDのジャケットや旅行会社のプロモーション用のイラスト
制作など、ホント忙しいですね。
イラストを描く時間がとれなくて。ハワイに行くのも当分おあずけです。」との事。
フラのゆったりした空気に浸りたい方は是非一度。

 
アロハサウンドから「ナ・メレ・オ・ハワイ・エ・アラニ」
山内雄喜のスラックキーギターとヒロクメの絵のコラボCD。
来場者とのおしゃべりで声がかれる!?
個展でのHILO KUME はサービス精神満点。あったかい。