information
 2017.01.04 UP DATE
古き良き歌謡曲とシャンソンの出逢い。



類稀なベルベットヴォイスで、懐古とも近未来ともつかぬ独自の音空間を創り出す歌手高橋絵実。
長新太とエノケンが大好きで膨大な絵日記を描き続け、
ジャンル問わず自由自在に弾きこなし、ユーモアにあふれた作詞作曲も手がける
ピアニストセンチメンタル岡田。
二人は新宿の老舗ライブサロン・カールモールで出会い、ピアノと唄での活動を始めた。
小さい頃からピアノを始め、漫画に熱中しながらポップな曲を作ったりしていた岡田と、
ラウドロックでドラムを叩いていた絵実が、ある日突然シャンソンや歌謡曲に目覚めた。
表現力豊かな声と、その声にぴったりと寄り添うピアノは、聴く者の時間を止める。
六本木新世界でのLIVEや香港ツアーを敢行、CABRET HONGKONGでの公演も成功させている。
2016年には、ルリイロ、stroboのtalowプロデュース アルバム“珈琲彼女”をリリースした。

information
 2017.01.03 UP DATE
なんだこれは!大量の絵日記。センチメンタル岡田イアリー。



A4で200Pの真っ白なページにいろんなことが書かれている。2016年年末で56号。
2016.2.16.長新太が大好きで安曇野まで原画を見に行こうと
バスのチケットまでとっていたのに、雪で断念。
帰りに紀伊国屋に寄ったら、偶然にも長さんの原画を見れたとか。
EMINEMやらきびなごやら脈絡なく続く。2010年くらいからほぼ毎日。
ここから一人娘つむたんと奥さんの「いくじなしのいくじ」という4コマ育児漫画も生まれた。
吉本隆明がなんでも10年はやれといっていたから、10年は続けるらしい。

information
 2017.01.02 UP DATE
おとぎのてほどき。モダンなおとぎの世界へ誘う朗読舞踊歌劇団



おとぎのてほどきとは
それぞれがシンガーソングライターとして活動する高橋絵実、センチメンタル岡田、猪股桃絵、蓮理からなる朗読歌劇ユニット。
2016年に新宿で出会い、ライブなどで共演を重ねるうち、深い縁を感じ結成。
毎回ひとつのお話をとりあげ、朗読+唄+ダンス+ピアノ演奏で表現する。
メンバーはそれぞれの楽曲・特技・持ち味を生かして演目に参加している。
高橋絵実(唄、タンバリン、シャボン玉、魔女とかやらされがち)
センチメンタル岡田(ピアノ、唄、劇画、唯一の男性のためダメ王子から救世主までこなす)
猪股桃絵(ダンス、唄、ギター、一番かわいい女の子の声)
蓮理(語り、唄、ギター、脚本と余った役)
2016.7.31.阿佐ヶ谷よるのひるねにて初公演「赤ずきん〜Eat the Zukin〜」上演。
2016.9.19.同会場にて「やんばる島の人魚姫」上演。
2016.10.16.大新宿区まつりで「やんばる島の人魚姫」上演。
2016.11.17.大久保ひかりのうまにて「ヘンゼルとグレーテルとイタい魔女」上演。

「ユルい設定、本気のショウ」を合言葉に、視覚的にも聴覚的にも
飽きさせない楽しい空間を作り続け、活動の幅を広げている。

officialsite
 2017.01.01 UP DATE
高橋絵実&センチメンタル岡田のオフィシャルサイトはこちら
→http://takahashiemi.com/


「キャバレー来来」というバンドも岡田くんと一緒にやってます!


こちらは二人をモデルに岡田くんが描いた、センチメンタル岡田とがんばれ根本くんバンド「Seaside Suicide」アルバムのインナージャケット。
 
 profile
高橋絵実&センチメンタル岡田


2017年
日本シャンソン協会の
第3回次世代シャンソン歌手
発掘コンテストで高橋絵実が
プリスリーズ優秀新人賞を
受賞しました。



2015.11.7.阿佐ヶ谷よるのひるね
センチメンタル岡田と高橋絵実の
トークアンドライブ
”わたしと岡田くんは、ますます
レトロに走る今日この頃。”絵実
”夢二が好きなんです。
彦乃に憧れるんですよ。
宵待草をうたいましょ。”岡田





高橋絵実
戸川昌子のもとで歌い始め、
現在ソプラノ歌手服部久恵に師事。
2010年 
浅草KURAWOODにて単独公演。
150名の動員を達成。
2015年 
新宿カールモールにて、
毎月ゲストを招いた企画を実施。
毎月ソールドアウトを記録。
2015年2月 六本木新世界にて、
コントラバス奏者 ・東谷健司(あがた森魚など)、トロンボーン奏者・増井朗人(Codex Barbès)と共に単独公演。



2015年10月 六本木新世界にて、
ルリイロ、増井朗人と単独公演。

2016年3月 香港ツアーを敢行。
キャバレー香港にて公演。



2016年7月 元MUTE BEAT、
LÄ-PPISCH、THE THRILL、
KEMURI、現Codex Barbèsの
トロンボーン奏者・増井朗人と
レコーディングしたアルバム
「珈琲彼女」をリリース。
プロデューサーはルリイロ、
stroboのtalow



センチメンタル岡田
1991年長野県生まれ
ビルエヴァンスmeets所ジョージ
新宿二丁目のセロニアスモンクの
異名を持つシンガー&ピアニスト。

中学校在学時、地元ライブハウスで
遠藤ミチロウ、ビリー諸川の
オープニングアクトをつとめる。
高校在学中は三上寛と共演。

上京後は、SEKAI NO OWARI、
ゲスの極み乙女、
神聖かまってちゃん
ラッキィ池田、東ちづる、香山リカ
猫ひろし他と共演。

2016年3月には、鳥取県琴浦町の
町おこしソングを作詞、作曲。
演奏はセンチメンタル岡田と
がんばれ根本くんバンド。

イラストレーター、漫画家と
しても活躍。
福音館書店の月刊誌
「たくさんのふしぎ」
巻末コーナーにこども向け音楽漫画を
連載中。
noteにて育児漫画
「いくじなしのいくじ」を連載中。