information
 2018.06.24 UP DATE
「蜷川実花 虚構と現実の間に」発売&全国巡回展。

©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

色鮮やかな花々を撮影した「永遠の花」、著名人やスポーツ選手を撮影した「Portraits of the Time」、
父・幸雄の死に向き合う日々を撮影した「うつくしい日々」、
京都花街の芸舞妓を撮影した最新作の「trans-kyoto」など、
蜷川実花の作品世界を9つのテーマでまとめた貴重な作品集が発売です。
あわせて2018年6月から熊本を皮切りに全国各地を巡回する同名の展覧会も開催されます。

写真集「蜷川実花 虚構と現実の間に」:2018年7月11日発売
発売元 パイ インターナショナル 定価 2,778円+税

展覧会「蜷川実花展 -虚構と現実の間に-」
2018年6月30日〜9月9日:熊本市現代美術館
2018年10月19日〜11月17日:愛知県豊川市桜ヶ丘ミュージアム
2019年1月5日〜2月24日:大分市美術館

 
 profile
蜷川実花



2018.4.14~5.13
京都国際写真祭2018
アソシエイテッド・プログラム
蜷川実花写真展
UTAGE 京都花街の夢
美術館「えき」KYOTO



2017.11.11.~2018.1.10
中国上海「蜷川実花展」
LAFAYETTE ART
   & DESIGN CENTER



2017年
六本木アートナイト
メインプログラム制作演出



2015年
蜷川実花×すみだ水族館



2015年道後アート2015
蜷川実花×道後温泉



2015年原美術館
「Self-image」展
初のセルフポートレイトを中心に
生身に近い、何も武装していない
特別な写真展(=Self-image)

蜷川実花ディレクションブランド
「M / mika ninagawa 」



写真家・映画監督
演出家映画監督の蜷川幸雄の長女
多摩美術大学美術学部
グラフィックデザイン学科卒業
2010年AKB48
「ヘビーローテーション」PV監督



2007年
初の監督作品「さくらん」
安野モヨコ原作・土屋アンナ主演
発売:アスミック・エース/講談社
販売:株式会社KADOKAWA



2012年監督第二作
「ヘルタースケルター」
岡崎京子原作・沢尻エリカ主演
発売販売:株式会社ハピネット



2016年4月18日号から
週刊誌「AERA」表紙写真を担当

2001年木村伊兵衛写真賞
他受賞多数
映像作品も多く手がける。
2020年
東京オリンピック・パラリンピック
競技大会組織委員会理事就任。


2016年
文藝春秋「蜷川実花になるまで」



2015年
QUOTATION SPECIAL ISSUE

2010年
ニューヨークRizzoli社より
デビュー以来17年間の活動を
集大成した写真集
「MIKA NINAGAWA」発売。



2008年
初の大規模巡回個展
蜷川実花ー地上の花、天上の色ー
東京オペラシティ
岩手県立美術館
鹿児島霧島アートの森
兵庫西宮市大谷記念美術館
高知県立美術館
フィルムにこだわり
色を一切編集しない極彩色の
作品450点以上が展示された。